ラウンドガール67歳幸子降臨!ミニスカにロングブーツ「水着にはなれないので」

拡大画像を見る

 歌手の小林幸子(67)が20日、神奈川・横浜アリーナで行われた格闘技イベント「K-1 WORLD GP 2021~よこはまつり~」で、スペシャルラウンドガールに初挑戦した。ボーカロイド曲「千本桜」を歌唱しながら、セクシーな超ミニスカにロングブーツの豪華衣装で降臨。勝利の女神としてリングを盛り上げた。

 小林は「皆さんこんにちは~!私、K-1は初めてですが、こんなに興奮して拝見させていただいてるのは初めてです。興奮しております」と格闘技のムードに大興奮。「選手の皆さん!(客席の)皆さんに勇気と希望と幸せを差し上げてください」と呼び掛けた。試合後は勝者の龍華(19)に拍手を送り、記念撮影した。

 “異種格闘技戦”を終えた小林は「ラウンドガールですからね、ガールですよ!」と強調。異色のオファーを「どうして私なんだろうと思いましたけど、新しいことをやりたいと発信してるとそういう話もいただける」と振り返った。

 衣装はこの日のために1カ月半かけて制作。「水着にはなれないのでこのくらいで。小林幸子らしいK-1を応援するイメージで作りました。皆さんに元気になってもらえたら」と笑顔を見せた。

 初のK-1には「中に入るとすごい音がするんですね。女性のお客さんがこんなに多くなるとは思わなかった」と驚き、「ぜひご覧になってほしい。色んなことあるけど、明日から頑張るぞという気持ちになります」と猛プッシュしていた。

関連リンク

  • 9/21 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます