性器にUSBケーブルを挿入した15歳少年「サイズを測りたかった」(英)

拡大画像を見る

英ロンドンに住む15歳の少年はある日、好奇心から自分の性器にUSBケーブルを差し込んでしまった。彼は何度もケーブルを抜こうと試みたが大量に出血したため家族が救急病院に連れて行ったという。

しかしケーブルの結び目のある位置が悪く、内視鏡などの特殊な器具を使っても引き抜くことができず、少年は「ユニバーシティ・カレッジ・ホスピタル・ロンドン(University College Hospital London)」に緊急搬送されることとなった。

彼は「母のいないところで診察を受けたい」と申し出て、担当医師に「性的好奇心からペニスの長さを測るためにケーブルを挿入した」と告白したそうだ。

レントゲン検査の結果、結び目の正確な大きさと位置が判明したため少年は開腹手術によりUSBケーブルを取り出すことになった。手術を行った医師によると、ペニスと陰嚢を囲む筋肉を切開してケーブルの結び目を切断してから摘出し、残ったケーブルをペニスの開口部から引き抜いたという。

少年の術後の経過は順調で、翌日には尿道カテーテルを装着して退院した。2週間後に行われた検査でも損傷は見られず無事カテーテルを抜去したが、今後も観察が必要だという。

少年の治療にあたったクリオ・ケネディ医師(Clio Kennedy)らは、今回のようなケースは稀であるとしながらもこのように述べた。

「過去にも針、ピン、鉄線、ピスタチオの殻などがペニスの開口部に挿入されたことがありました。その理由としては性的好奇心や酩酊状態での性行為、精神機能の障害などがあります。今回は性的好奇心が原因で緊急事態に陥ったケースであり、開腹手術で対処し合併症もありませんでした。」

「性的快感を得るために、ペニスの開口部に物を挿入することをサウンディング(Sounding)と言いますが、これには様々なリスクがあります。もしペニスの中に物が詰まってしまうと排尿時の灼熱感、大量の血尿、排尿障害、勃起時の痛みなどが発生する可能性もあります。さらに深刻な合併症として膀胱に穴が開いたり、血管に傷がついたりすると大がかりな再建手術が必要になるケースもあります。」

またロンドンの男性専門クリニックでコンサルタントをしているアムル・ラヒーム医師(Amr Raheem)は、そのリスクについて以下のように語っている。

「すぐに合併症を起こさなかったとしても、後に尿道が狭くなり排尿時に問題が発生したり、尿路感染症を再発しやすくなるかも知れません。たとえペニスに挿入された物体を取り除くことができたとしても、それは非常に危険な行為なのです。」

さらに「滅菌されていないものを体内に入れると組織感染を起こす可能性があります。特に糖尿病患者など免疫力が低下している人が感染症にかかると深刻な状態になる可能性が高く、組織の壊死や敗血症につながることもあるのです」と述べ、他にも尿路感染症、尿道の損傷などの危険性をあげた。

サウンディングに関連する症状を訴える患者が確実に増えているというが、医師らは「男性器をむやみにいじるのは危険です」と警告している。

画像2、3枚目は『The Sun 2021年9月17日付「‘DON’T DO IT’ Teen, 15, gets USB cable stuck in his penis in experiment to ‘measure member length’」(Credit: Urology case report)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連リンク

  • 9/21 4:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます