日テレ系「あな番」枠ドラマ主題歌 Novelbrightの出番です!

拡大画像を見る

 大阪発の5人組ロックバンド・Novelbrightが、俳優・西島秀俊(50)が主演する日本テレビ系ドラマ「真犯人フラグ」(10月10日スタート、後10・30)の主題歌を担当することが20日、分かった。放送作家の秋元康氏(63)が企画・原案を務め、SNSで真犯人考察が巻き起こった同局系「あなたの番です」の制作陣が再集結する注目作。主題歌「seeker」を書き下ろし、2期連続3作目のドラマ主題歌を送り出す。

 昨夏にメジャーデビューし、日本レコード大賞新人賞を受賞。ドラマやCMソングに起用されて躍進止まらぬなにわ発バンドが、注目作を音楽で彩る。

 2019年4、7月期に2クール連続放送され、最終回は視聴率19・4%と有終の美を飾った「あな番」組が再結集。同枠で10月、来年1月期と2クール放送される「真犯人フラグ」も秋元氏が企画・原案を手掛ける。

 同作は妻子が失踪し、疑いの目を向けられた平凡なサラリーマン(西島)が怪しい登場人物の中から真実を暴く予想不能の考察ミステリー。主題歌「seeker」は「絶望の淵に立たされても必ず一筋の光はある」という思いを元に、ドラマの展開を予告するような疾走感あふれる一曲に仕上がった。

 Novelbrightがドラマ主題歌を担当するのは、放送中のテレビ朝日系「漂着者」に続き2期連続3作目。ボーカルの竹中雄大(25)は「このような素晴らしいドラマの主題歌を担当させてもらえること、非常に光栄です」と感謝し、「ドラマにもすごく合った自信作ができましたのでぜひドラマと共にたくさんの人の心に響き渡ってほしい」と手応えを口にした。

 同作の鈴間広枝プロデューサーは「主題歌とドラマ映像を合わせた時、『うわ!ピッタリ!』とビックリしました。想像以上にすてきな主題歌を作ってくださって、メンバーの皆さまに感謝です」と喜びを語った。

関連リンク

  • 9/21 4:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます