共感が止まらない…妻がイラッときた【夫からのLINEエピソード】<その1>

夫から届いたLINEに、こめかみがピクピク……。
今回は、そんなよくある体験をまとめてみました。

これらの悩みを抱えているのは、あなただけではない!?

(1)答えになっていない「なんでもいい」


なんでもいいというセリフは、相手の意見を尊重しているかのようにみえますよね。
しかし、フタを開けてみると完全に人任せな態度に、奥様たちの怒りは爆発寸前!

「逆に困る」「いつもそればっかり」といった意見が、多く寄せられています。
そんな答えでは、出掛ける場所や献立などがいつまで経っても決まらないですよね。

(2)作ったあとの「今日ご飯いらない」


せっかく頑張って夕食を作ったあとに届く、今日ご飯いらないLINE。
「なぜ今?」「もっと早く言えたでしょ」という、真っ当な意見が届いていました。

確かに旦那さんにも、外での付き合いがあるでしょう。
しかし、たった1通の報告LINEもできない夫に、妻たちが憤りを感じているのも事実です。

(3)イラッとする既読スルー


既読になっているのに、返事がいつまで経ってもこない……。
そんな不可解な状況に、ついイライラしてしまう妻たちもたくさんいるようです。

数秒~数分で終わる返信をいつまでも先延ばしにされたら、不安になるのは当然!
待たされる側の気持ちも、少しはわかってほしいですよね。

(4)とにかくタイミングが悪い


夫からのタイミングが悪いLINEも、妻たちの怒りを買っています。
子どもを寝かしつけている最中や家事の最中など、手が離せないときに限って夫からのメッセージが届きがち。

中身を確認してみると、たわいのない内容だった……なんてあるある体験に、思わずため息をついてしまいますよね。


夫からのLINEに、ついイラッとしてしまう妻たちの悩みは尽きません。
これらの出来事に対して夫は悪気がないので、くり返し起こるケースが多いです。

息抜きの時間をしっかり作って、夫へのイライラやモヤモヤを吹き飛ばしましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/20 22:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます