ファールボールをゲットした10歳男児が泣いていた女児にプレゼント 純粋な優しさが感動呼ぶ(米)

拡大画像を見る

米ペンシルベニア州フィラデルフィアにある野球場「Citizens Bank Park」で今月15日夜、フィラデルフィア・フィリーズ対シカゴ・カブスのメジャーリーグの試合が行われていた。

この試合を父親と観戦しに訪れていたアーロン・プレスリー君(Aaron Pressley、10)は、ファールボールが自分の近くに落ちたため興奮して追いかけた。

アーロン君は「ボールが地面に落ちるのが見えたから、拾いに行ったんだ。本当に興奮したよ」と当時の心境を明かしている。フィラデルフィア・フィリーズのファンというアーロン君は、プロの選手が使っていたボールを手にすることができて大喜びだった。

しかしアーロン君の周囲では、大半の人がファールボールを手にできず悔しがっていた。その中の1人、エマ・ブラディちゃん(Emma Brady、7)という女の子は顔をくしゃくしゃにして大泣きしていた。

アーロン君はそんなエマちゃんの姿を見て、手に入れたファールボールをエマちゃんにプレゼントするという驚きの行動に出たのだ。この様子は動画で捉えられており、まずアーロン君がファールボールを手にして誇らしげに振りかざし、父親とハイタッチする様子が映る。

その後、そばで泣いていたエマちゃんの姿をカメラが捉えると、アーロン君がボールを手渡す瞬間が映し出された。これにはエマちゃんの両親も驚いており、エマちゃんはすっかり泣き止んでいる。

一方でアーロン君は父親に頭を撫でられると、恥ずかしそうに帽子を被りなおしていた。

アーロン君はボールを渡した理由について「僕はただ、誰かが泣いているのを知っていながらこのボールを持っているのは正しいことではないと感じて。だから彼女にボールをあげるしかないって思ったんだ」と話す。

そんなアーロン君の行動について、エマちゃんの父親であるパトリック・ブラディさん(Patrick Brady)は「彼は何のためらいもなくこちらに向かってきました。一度エマのことを見ると、何も考える様子を見せずにエマにボールを手渡してくれたのです。本当に優しい心温まる出来事でしたね」と感激を露わにした。

アーロン君からボール受け取ったエマちゃんは礼儀正しく「ありがとう」と伝えたそうで、初対面だった2人は一緒に記念写真を撮ったという。

この動画がメジャーリーグの試合中に起きた面白いシーンや驚きの出来事を投稿する「Cut4」というTwitterアカウントで共有されると、今月20日の時点で再生回数は150万回を超えており大反響を呼んだ。フォロワーからは「なんて素敵な男の子なの」「このお父さんは良い息子を育てたね」「女の子はこの日のことを一生忘れないだろうな」「この世界にはまだ素晴らしい人がいるんだ」など称賛の声が届いている。

なお今回この動画がこれほどまで大きく話題になったのには、もう1つ理由があった。フィラデルフィア・フィリーズのファンは、これまでにファン同士の喧嘩や選手への攻撃など行き過ぎた行動を起こしていることで有名だったのだ。

そんな悪評が立つ中で、アーロン君は今回の出来事からフィラデルフィア・フィリーズのファンに「この世に親切な人はそう多くないので、人に親切にすることを学んでほしい」と願っていた。

ちなみに「今度はグローブを忘れないようにしたい」と明かしたアーロン君だったが、フィラデルフィア・フィリーズがアーロン君の優しい行動を知り、彼にボールをプレゼントしたそうだ。

画像は『WBFF 2021年9月18日付「10-year-old Phillies fan gives foul ball to crying girl, video goes viral」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 9/20 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます