大井競馬で馬単140万馬券の最高配当!1Rで単勝275.9倍カリーナブルーがV

拡大画像を見る

 20日の大井1R・C3五六(ダ1600m・14頭立て)は、東原悠善騎手騎乗の13番人気カリーナブルー(牝4、大井・岡野尚光厩舎)が優勝。

 2着に9番人気ティトローネ(牡6、大井・辻野豊厩舎)、3着に6番人気ディープシーブルー(牡4、大井・遠藤茂厩舎)が入り、単勝2万7590円、馬単140万3550円、3連単271万2040円の大波乱に。

 馬単は18714票中の的中1票。大井競馬における最高配当となった。これまでの最高配当は今年3月10日大井2Rの132万1920円。

 カリーナブルーは父パイロ、母ミヤビソーダライト、母の父アドマイヤムーンという血統。過去23戦で、7戦目に2着1回という好走歴はあるものの、それ以外の22戦はすべて5着以下という戦績だった。

(TCK特別区競馬組合のリリースより)

関連リンク

  • 9/20 18:31
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます