【セントライト記念結果】アサマノイタズラが鋭く差し切り待望の重賞初制覇!

拡大画像を見る

 20日、中山競馬場で行われたセントライト記念(3歳・GII・芝2200m)は、後方でレースを進めた田辺裕信騎手騎乗の9番人気アサマノイタズラ(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)が、直線で外に出されて鋭く伸び、抜け出していた2番人気ソーヴァリアント(牡3、美浦・大竹正博厩舎)をゴール前で差し切って、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分12秒3(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に5番人気オーソクレース(牡3、美浦・久保田貴士厩舎)が入った。なお、3番人気グラティアス(牡3、美浦・加藤征弘厩舎)は9着、1番人気タイトルホルダー(牡3、美浦・栗田徹厩舎)は13着に終わった。

 勝ったアサマノイタズラは、父ヴィクトワールピサ、母ハイタッチクイーン、その父キングヘイローという血統。近2走の皐月賞とラジオNIKKEI賞は2桁着順に沈んでいたが、秋初戦、田辺裕信騎手との初コンビとなったここで巻き返して待望の重賞初制覇を果たした。

 3着以内に入ったアサマノイタズラ、ソーヴァリアント、オーソクレースは、10月24日に阪神競馬場で行われる菊花賞の優先出走権を獲得した。

<セントライト記念ダイジェスト>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連リンク

  • 9/20 16:04
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます