【女性騎手】永島まなみ騎手「園田で乗るよと家族に報告しました」/ねぇさんのトレセン密着

拡大画像を見る

 今週は3日間開催の影響もあって、何かとバタバタした1週間になりそうです。でも、先日の台風14号の影響が中央競馬の開催日程へ影響が出なくてほんとによかった。3日間開催のとき、もしも開催が中止になったら、ただでさえ調教や出馬投票などのルーティンが詰まった週なのに凄くバタバタする!と不安でした…。というわけで、今週はいつも以上に木曜追切が多くなると思われますので、忘れずにnetkeibaをチェックしてくださいね。

 さて、22日は園田競馬場でヤングジョッキーシリーズ2021が行われます。JRAからは小沢大仁騎手、松本大輝騎手、永島まなみ騎手、泉谷楓真騎手、斉藤新騎手が参戦予定となっています。

 その中でわたしは特に永島まなみ騎手に注目しています。彼女は皆さんご存じの通り、お父様が園田の永島太郎調教師。デビュー時にお話を伺ったとき、とにかく馬が大好き、お父さんが大好きで物心ついたときから騎手になりたくて頑張ってきた、という話が印象的でした。

「はい、園田は幼い頃からお世話になっている場所ですし、子供の頃はコースを(自分で)走っていました。子供だったので1周を走りきるのがすごく大変だったんです(笑)」

 そんな慣れ親しんだ思い出の地にジョッキーとして参戦するのです。

「たくさんのジョッキーの方がレースしている姿も見てきた園田で私がヤングジョッキーシリーズで騎乗させていただけることをとてもうれしく思います。しっかり結果を出せるように頑張りたいなと思います」

 ちなみにご家族には「園田で乗るよ」とは伝えたものの、それほど多くは話していないとのことでした。でも、親御さんからしたら、きっとたまらなく嬉しいでしょう。そういった意味でも、幼いころからジョッキーになることだけを夢見て頑張ってきた少女の里帰り、とても楽しみです!応援しています!!

(取材・文:花岡貴子)

関連リンク

  • 9/20 14:28
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます