河北麻友子、黒ドレスで美デコルテ堂々披露 次世代ハリウッドスターにうっとり<DUNE/デューン 砂の惑星>

【モデルプレス=2021/09/20】モデルの河北麻友子が20日、都内で行われた映画『DUNE/デューン 砂の惑星』(10月15日公開)の応援団結成!日本最速試写会イベントに、タレントのLiLiCoとともに出席。次世代ハリウッドスターであるティモシー・シャラメの魅力を語った。

『メッセージ』『ブレードランナー2049』で“異次元の天才”と称されたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の最新作となる本作。アトレイデス家の後継者で“未来が視える”能力を持つポール(ティモシー・シャラメ)は、宇宙帝国の皇帝からの命令で、『その惑星を制する者が全宇宙を制する』と言われる過酷な砂の惑星DUNEへ移住するが、それは罠だった…。そこで宇宙支配を狙う宿敵ハルコンネン家の壮絶な戦いが勃発し、父か殺され、巨大なサンドワームが襲いくるその惑星で、全宇宙にために立ち上がるポールの姿が描かれるスペクタクル・アドベンチャー。

◆河北麻友子、ティモシー・シャラメの魅力熱弁

『DUNE』応援団に就任し美デコルテ際立つ黒ドレスで登場した河北は、本作を同イベント前の試写会で観客とともに見たばかり。映画を見た感想を求められると「興奮が冷めないまま今ここにいます。壮大なスケールと、やっぱりポールがかっこいい。ティモシーがかっこいいです!惚れ惚れしました」と目を輝かせ、ポールがマスクをつけているシーンがあるそうで「(マスクを取った瞬間に)“あっ!”ってなりました」と恍惚とした表情を浮かべた。

また、日本でも話題となった『君の名前で僕を呼んで』で、当時、弱冠21歳でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされるなど、次世代のハリウッドスターとして注目を集めるティモシーの魅力を聞かれた河北は「可能性をたくさん秘めた感じもしますし、劇中で箱に手を入れるシーンでのお芝居が釘付けというか、目が離せないというか、動きとしてはただただ箱に手を入れるだけなのに、あそこまで緊迫した表情と目力で吸い込まれるように見ちゃいましたね」と興奮気味に語った。

◆河北麻友子、ティモシー・シャラメと1日デートするなら?

さらにスタイルアイコンとしても注目されているティモシーは、スタイリストをつけずに自身でスタイリングをしているそうで、河北は「普通ならスタイリストさんをつけるところを、やっぱりそういうこだわりがあるんでしょうね。今の時代に合っていると思います。自分で自分をプロデュースしていて新世代って感じがしますね」と舌を巻いた。

そして、そんなティモシーと「もし1日デートするならどんなデートをしたい?」と質問されると、河北は「いいんですか(笑)?」と頬を緩め、「私の妄想だけでお話しさせていただきますが、お互いにファッションが好きなので、1日デートということで、とりあえず車で迎えに来ていただきます。(河北は)カフェラテが好きなので、カフェラテを用意して迎えに来てくださって、そこから2人で買い物に行って、私の洋服を選んでほしいです。センスがいいからこそできるデートを一緒にしたいですね」と妄想した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/20 19:03
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます