白鵬「ライブ相撲マンガ」、若い力士は「筋トレ厳禁」!?宮城野親方の真意とは

拡大画像を見る

 大相撲9月場所(秋場所)5日目終了時点(9月16日)で、第73代新横綱・照ノ富士は、土つかずで、まずは危なげない「横綱相撲」。一波乱の気配、無きにしも非ずだが、「白鵬の不在」が日に日に大きく…の2021年秋場所である。

 折りしも、本場所名物である、背筋をピンと伸ばし、「溜席の妖精」として話題になっていたマスク美女が4日目まで“不在”だったことで、ネット上で話題になっていた。「不在が明かす真価」と言うべきだったか?

 さて、「白鵬本紀」第20番は、「柔よく剛を制す」の巻だ。

「失敗から学ぶ」ことを経験して、たくましく成長を続ける少年・白鵬。その日は、おかみさんのお供で、後援者の挨拶回りだった。

 帰途、富岡八幡宮に立ち寄るおかみさんと白鵬。目指すは、「横綱力士碑」である。

 横綱力士碑とは、深川の富岡八幡宮に建つ大相撲関連の石碑である。

 明治33年、第12代横綱・陣幕(じんまく)を発起人に、歴代横綱を顕彰する碑がつくられた。新横綱誕生時には日本相撲協会立ち合いのもとに刻名式が行われ、新横綱の土俵入りが奉納される。現在は、第69代横綱・白鵬はもちろんのこと、第72代稀勢の里(きせのさと)までの横綱が刻印されている。

「横綱力士碑さま。その時が来たら、どうぞよろしくお願いします」

 おかみさんに促され、素直に手を合わせる白鵬であつた。

 一方、体重のほうは105キロになった。入門時の62キロから、100の大台を突破したことで、心の余裕ができた白鵬はまさに絶好調だった。そして、ウェイトトレーニングにも精を出す白鵬だった。

 ところが、宮城野親方の雷が落ちることになる。

「バカヤロォー!! お前のような若い力士は、絶対に筋トレで筋肉だけつけるのはダメなんだよ!!」

 岩崎マネージャーも「そんなもんやって、大関 横綱に上がった奴は一人もいないんだよ」と続けた。はたして、その真意とは…? 

 同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」第20番「柔よく剛を制す」は、9月21日発売の「週刊アサヒ芸能」9月30日号に掲載。はっけよい!!

関連リンク

  • 9/20 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます