佐藤健、阿部寛を取り調べ “聞きたかったこと”を尋ねる「LINEするんですか?」

拡大画像を見る

映画『護られなかった者たちへ』(10月1日公開)の公開直前トークイベントが20日、都内で行われ、俳優の佐藤健、阿部寛、林遣都、メガホンをとった瀬々敬久監督が登壇した。


トークでは「お互いに聞きたかったこと」を質問するコーナーが設けられ、佐藤は「なんでもいいんですか?」と確認すると「じゃあ阿部さんに」と切り出した。「阿部って…LINEするんですか?」と聞くと、阿部は「僕はね、LINEするんですよ」とにっこり。「スタンプは使う?」とさらに迫ると、「スタンプというかニコニコみたいな、黄色い丸いやつを使います」と告白。阿部の私生活を聞き出せた佐藤は「ずっと聞きたかったことを聞けました」と満足そうにほほ笑んだ。


「このミステリーがすごい!」の受賞作家・中山七里氏による小説が原作。東日本大震災大震災から10年目の仙台で起きた不可解な連続“餓死”殺人事件を軸に、その裏に隠された真実に迫っていくヒューマン・ミステリーとなっている。


先日公開されたメイキング映像では、佐藤が演じる連続殺人事件の容疑者・利根が、阿部と林が演じる刑事に追いかけられるシーンが公開された。佐藤は「阿部さんはタフでした。めちゃくちゃ走りましたよね」といい、阿倍の部下を演じた林も「ついていくのに必死でした。阿部さん早いし、バテない。まず歩幅が違う。全力でも敵わなかった」と感服。しかし阿部は「そのときは大丈夫だったけど、そのあと半年は苦しみました。変になっちゃって。年をとると後にくるんですよ…」と苦笑いで明かし、笑わせた。


阿部は、現場での佐藤について「集中力のすごさは圧巻だった。そこに容疑者がいるようでした。その集中力を見たときに色んなものを感じた。その姿にやりやすくなったし、そこが1番驚いた」と絶賛。林も「健さんと最初にお会いしたとき、そこに登場人物が存在しているような印象を受けた。他人には感じないオーラを感じましたね。強い印象をハッキリ覚えています」と話すと、2人の言葉に佐藤は「大変光栄です、ありがとうございます」と感謝した。


作品になぞらえ「10年前と現在の自分で変わったこと」を聞かれると、佐藤は「余裕を持つことができたかな。今はちょっと俯瞰して見ることができたのかな」と回答。林は「両親にありがとうとちゃんと言えるようになった」といい、「僕は反抗期が強くて上京するのも早かった。反抗期のまま家族と離れたこともあって、20代は地元に帰っても照れくさい時期があったけど大切にしなきゃいけないと思った」と語った。

関連リンク

  • 9/20 16:35
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます