『しゃべくり007』ネプチューン・原田泰造の目が「キマっちゃってる」!? スタジオでの“暴走”に視聴者「放送事故になりそうで怖い」

 9月13日に放送されたバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)。今回は、レギュラーメンバーであるネプチューン・原田泰造の言動がネット上で物議を醸した。

 この回は「世界一の19歳率いる女子3人組」として、先の東京オリンピックでスケートボード女子パークの金メダリストとなった四十住さくら選手、同じくスケートボードで活躍する伊佐風椰選手、中村貴咲選手がゲスト出演。スタジオにスケートボードのコースを設置し、そこで“美技”を披露した。

「さらに、四十住選手が金メダルを取った理由について、中村選手と伊佐選手から『みんなに帰ろうと言われてから、絶対に1時間は練習をやめない』『帰ってからもずっと自分のスケボー動画を見ている』と語られ、ストイックな一面も明らかに。一方で、四十住選手はアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)や刑事ドラマを好んで見ているそうで、ギャップのあるエピソードが紹介されていました」(芸能ライター)

 さらに、3選手がスケボーの魅力を解説するコーナーもあり、「メイクしたらボードでリスペクト」という“文化”を紹介。ほかのスケートボード選手が華麗な技を披露(メイク)した際には、ボードを使って音を出して称えるのだそう。

「説明を聞いたレギュラーメンバーのくりぃむしちゅー・有田哲平は『1回メイクしたほうがいいよね? 泰造にメイクしてもらおう』と発言。指名された原田は、スケートボードを持ってスタジオ内のコースに向かい、技を披露しようとしたものの、選手たちから『ヤバい』『(危ないから)やめといたほうがいいと思います』と制止の声が入ることに。スタッフやレギュラーからも止められていました」(同)

 しかし、原田は「俺もう、アドレナリンが出て止まらないんだよ!」と“暴走”してしまい、司会のくりぃむしちゅー・上田晋也は「もう目がキマっちゃってる」とドン引き。最終的に、レギュラーメンバーからの説得に応じた原田は、ボードを使わずにコースを滑り降りて、選手たちから称賛されていた。

 この件について、ネット上では「泰造が体張ってて笑った」と喜ぶ声が上がった一方、一歩間違えば大ケガにつながりかねない状況だったことから「放送事故になりそうで怖かった」「ゲストが困っててかわいそう」などと、批判的な意見も見受けられた。

「同番組といえば、8月30日の放送で、東京オリンピックにて銀メダルを獲得したバスケットボール女子日本代表選手が登場した際、ネプチューンの堀内健がある選手に向けて差別的な発言をしたため、ネット上でバッシングを浴びました。またしても、五輪選手のゲスト回で物議を醸してしまったようです」(同)

 なお、次回は「今年ブレイク間違いなしの美女」として女性芸能人がゲスト登場するとのこと。無事に放送が終わるとよいのだが……。

  • 9/20 12:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます