笑顔だけでは終わらない?“ドーナツ王”の素顔捉えた場面写真『ドーナツキング』

拡大画像を見る

カンボジアからアメリカに渡り、ドーナツ店経営で無一文から全米の“ドーナツ王”になったテッド・ノイ氏の人生に迫った驚きのドキュメンタリー『ドーナツキング』より場面写真が到着した。





本作は、新人ながら昨年のSXSWでその才能を絶賛された注目の女性監督、アリス・グーによるドキュメンタリー映画。資産2千万ドル(日本円で約22億円)をも所有し全米の“ドーナツ王”となったカンボジア人男性のテッド・ノイ。誰もがうらやむアメリカンドリームを掴んだ彼はなぜアメリカに渡り、いかにして現在も脈々と継がれるドーナツ店経営に至ったのかが描かれる。

この度解禁された場面写真では、親から子へ受け継がれ工夫を凝らしながら経営を続ける現在のカンボジア系移民のドーナツ店を訪れるテッドさんの姿を捉えている。また、美しいドーナツや、ビジネス戦略として使用したピンクの箱を差し出すカットも。

33歳でカンボジアからアメリカへ渡ることを決意し、新天地で甘い香りに誘われるがまま入った店で初めてドーナツと出会い、そのあまりの美味しさに恋をしたテッドさん。笑顔だけでは終わらない、とびきりのドーナツタイムを予感させる写真となっており、本作への期待がさらに高まる。

『ドーナツキング』は11月12日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。



(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
ドーナツキング 2021年11月12日より新宿武蔵野館ほか全国にて公開
© 2020- TDK Documentary, LLC. All Rights Reserved.

関連リンク

  • 9/20 14:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます