都合の良い遊び相手にならないで!自分から【本命の座】を降りる女性の特徴とは?

拡大画像を見る

自分では本命彼女になりたいと思っているのに、いつの間にか本命彼女から降格し、浮気相手や都合の良い遊び相手になってしまっている女性は少なくありません。そういう女性は「私は男を見る目がない」と言いがちですが、実は自分の行動が原因で都合の良い遊び相手になっている可能性があります。
では、どんな女性たちが自分から本命の座を手放しがちなのか、3つの特徴をチェックしてみましょう。


全て彼が最優先

好きな人ができると、とにかくその男性が最優先で女友達とは疎遠になってしまうタイプの女性は要注意。自分では節度を持って尽くしているつもりでも、男性には夢中になっていることがバレて軽視されてしまいます。
結果的に、男性の中での優先度が下がって遊び相手に降格してしまうでしょう。さらに、女友達と疎遠にしていることで、そういう状況に陥っても助言してもらえず、自分が浮気相手になっていることに気付けなくなってしまうのです。


「自分が無理をするのが平気」と考えてしまいがち

自己犠牲が癖になっている人も注意が必要です。仕事でも友達との遊びでも「自分が無理や我慢をして成立するなら問題ない」と考えていないでしょうか。
そういう考え方が癖になっていると、男性のワガママも全て受け入れてしまいがちです。そうなると、男性から「この人は浮気しても何しても怒らないから都合が良いな」と思われて、遊び相手にされるリスクが高まるでしょう。


自分の要望を伝えるのが苦手

女友達と話している時でも、「私は〇〇がしたい」のように自己主張することが苦手な人はいないでしょうか。そのような態度をとっていると、男性にも自己主張ができなくなってしまいます。
結果的に、男性から「この人は俺に全部合わせてくれる人」という印象を持たれてしまうでしょう。相手に合わせることも大切ですが、時には自分の気持ちを優先させて自己主張した方が魅力的に思われることもありますよ。


自分から本命じゃなく遊び相手にならないように注意!

いつも本命彼女だったのがいつの間にか遊び相手になってしまう女性は、自分でその原因を作っている可能性が高いと言われています。
自分の行動に原因がないか、時には女友達の意見も聞きながら自分の行動を見直してみましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/20 12:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます