『M―1』MC今田耕司が「一番面白かった」と明かした「伝説の2大王者」の凄さを徹底分析

拡大画像を見る

 今年も、『M-1グランプリ』の決勝戦まで、あと3か月と迫ってきた。

 8月1日から予選1回戦が始まっており、10月8日からは2回戦へと移行。『M-1』チャンピオンに輝いた芸人は、その日から芸能界での成功が約束されるわけだが、今年の“M-1ドリーム”をつかむのはどの芸人なのか。

 9月10日には、お笑いタレントの今田耕司(55)が『新しいカギ』(フジテレビ系)に出演し、『M-1グランプリ』の歴代チャンピオンの漫才について語り、お笑いファンを中心に話題を呼んだ。

 2003年の第3回から司会を担当している今田は、『新しいカギ』のレギュラーメンバー、チョコレートプラネット、霜降り明星、ハナコらとトークを展開。

「『M-1』で一番面白かったのは誰?」という質問に、「むちゃくちゃ難しいな」と応じつつ「アンタッチャブルはやっぱりね」と、2004年チャンピオンの名前を挙げた。

 続けて「アンタッチャブルとブラマヨは、ビリビリビリっと来たな」と2005年チャンピオンのブラックマヨネーズの名前も挙げ、「笑うというよりは“スゴいな”っていう。ネタをやっているという感じより、ソウルじゃないけど、歌っているみたい。段取りとか、かむとか、間がというより“うわっ、爆発した”という感じやった」と、2組の漫才について当時の興奮のまま語った。

 また、「司会やってて一番笑ったのは、去年のマヂカルラブリー。電車のやつ、おかしくなるくらい笑ってしまった」とも明かした。

 視聴者からも「アンタッチャブルとブラマヨのあのネタは、今見ても、何度見ても面白いというより凄い」「アンタッチャブルとブラマヨはボケもツッコミも両方とも実力が他のコンビとレベチかな」と同意するコメントが寄せられている。

■芸人仲間もアンタッチャブルとブラマヨの漫才を絶賛

 多くの芸人もアンタッチャブルとブラマヨの『M-1』での漫才について言及している。

 2019年9月の『ゴッドタン』(テレビ東京系)では、芸人が好きな笑いについてトークを展開する企画「お笑いを存分に語れるBAR2」が放送された。

 現在では『M-1』の審査員も務めるナイツの塙宣之(43)は「好きな漫才」に2005年のブラマヨを挙げて、「関東の芸人はコントのキャラクターで圧力をかけていく。(吉田敬と小杉竜一は)人間と人間の圧力がぶつかったときに爆発が起きて、見ていて鳥肌が立った」と解説。

 相方の土屋伸之(42)も「この優勝が完璧すぎて、2006年から2010年までの大会は“ブラマヨの呪縛”が……」とコメントした。

 東京03の飯塚悟志(48)が好きな『M-1』の漫才は2004年のアンタッチャブルだといい、ツッコミの柴田英嗣(46)に対してボケる山崎弘也(45)のしゃべり方やノリが、楽屋で芸人仲間をイジっている感じとまったく一緒と説明。

 そのノリで『M-1』で大爆笑をさらっている様子を目にした飯塚は「めちゃくちゃ感動した」と当時を振り返る。これに塙も「柴田さんのしゃべり方は、関東なのに方言っぽい。振り切ってツッコめるからホームランになる」「関西弁が持つような圧力をかけられる人が優勝に近づいてくる」と分析した。

■アンタッチャブル&ブラマヨはコンビの2人ともが上手く、パワーが強い

 お笑い評論家のラリー遠田氏は、アンタッチャブルとブラマヨの『M-1』での漫才についてこう分析する。

「2組は圧倒的に技術力も高いし、コンビの2人ともが上手く、芸人としてのパワーが強いですよね。ただ面白いだけではなくて、お客さんを巻き込む力にも優れている。場をどんどん盛り上げていって、自分たちの空気にしていくんです」(ラリー氏=以下同)

 上手いというのはもちろん前提にあるが、“上手い+パワー”があるという点でアンタッチャブルとブラマヨは優れているという。

「『M-1』のブラックマヨネーズの漫才では、吉田さんの神経質で心配性で細かいことを気にするという素のキャラが入っています。そのキャラを誇張して漫才にしている。アンタッチャブルの山崎さんも、もともとああいうキャラです。素のキャラを活かした漫才をやることで、見ているほうは自然に引き込まれていってしまう。

『M-1』ではファーストラウンドの1本目にいいネタを持ってきて、2本目に勢いが落ちると思われがちです。しかし、2組は圧倒的に実力がある。また、“2組が面白い”という空気が1本目ですでにできあがっている。その空気のままで2本目をやることで、会場を巻き込む力がより強くなり、2本目でもパワーが落ちなかったのでしょう」

 ラリー氏が『M-1』の歴代チャンピオンの中でも印象的なコンビについては、

「個人的にはアンタッチャブルがやっぱり好きです。漫才は関西弁でやるほうがリズムが出て面白くなりやすい。ただ、アンタッチャブルは関西弁じゃないのにちゃんとパワーがある。柴田さんのツッコミもリズムやキレがよく、山崎さんのパワーに負けていないんですよね」

 番組MCの今田の口から伝説の2大王者として名前が上がったアンタッチャブルとブラックマヨネーズ。しかし、彼らが優勝したのは15年以上前のことだ。今年の『M-1』では、最強チャンピオン、アンタ・ブラマヨを超える、歴史に残る漫才を見せてくれるコンビは現れるだろうか!?

関連リンク

  • 9/20 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます