女子アナ「バチバチ相関図」<局内事件簿>(1)鷲見玲奈には「バスト誹謗」の流出被害も…

拡大画像を見る

 厳しい採用試験をくぐり抜けても、局内で激しい“生存競争”にさらされるのが局アナの世界。時にはライバル同士がバチバチと火花を散らしては周囲をヒヤヒヤさせていた。

 ファースト写真集「すみにおけない」(集英社)の大ヒットにとどまらない。9月4日に開催されたファッションイベント「東京ガールズコレクション」では、モデルとして初ランウェイを披露するなど、フリーアナの枠に収まらない活躍を見せる鷲見玲奈(31)。だが、古巣のテレビ東京では、同僚アナから嫉妬の対象になっていたようで、

「昨年9月にはツイッターで匿名のアカウントが音声データをアップ。それはアナウンス室内で局アナたちの会話をこっそり録音したもののようで、鷲見のグラマラスな容姿に触れて『おっぱいで(番組に)出てて』と、誹謗するような内容も含まれていました。なお、会話の主とされる2人の局アナは、特に処分を受けることなく、今なお活動しています」(芸能関係者)

 20年6月には、鷲見自らがSNSで後輩アナの話題を取り上げ、

「鷲見さんがいなくなれば自分ができる番組が増えるって言ってたのも、プロデューサーにアピールしてたのも、知ってるんだからねっ」

 とコメントしたものの、その反響の大きさに驚いたのか、慌てて削除するという失態を見せたことも。

 こうした経緯もあって、音声を流出させたのは被害者である鷲見ではないか──。一部ではそんな声も上がったが、本人は真っ向から否定。たしかに、危険を冒してまで後輩の“おっぱい発言”をおおっぴらにするとは考えにくい。芸能ジャーナリストの竹下光氏が語る。

「鷲見は局アナ時代から身に覚えのない不貞疑惑にさらされ、番組降板の憂き目にあっている。ドロドロした人間関係に嫌気がさしてテレ東を退社したそうですが、今の活躍ぶりを見ると、その選択は正解だったと言えます」

 テレ東出身のフリーアナといえば、大橋未歩(43)も活躍の幅を広げているが、

「鷲見にしても大橋にしても、古巣・テレ東の番組に起用されることは極めて稀。経費削減という面もありますが、やはり局アナからの大反発を招きかねないとの理由で、OBは使いづらいと聞いたことがあります」(竹下氏)

 フリー転身はドロドロした人間関係のリセットという意味合いもあったのだ。

関連リンク

  • 9/20 9:57
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます