日立がフィリピンで初めて鉄道システム案件向けに昇降機67台を受注

拡大画像を見る


日立ビルシステムは、日立製作所のフィリピン共和国の昇降機販売・サービス子会社であるHitachi Elevator Philippines Corporation(日立エレベーターフィリピン社)を通じて、North-South Commuter Railway(南北通勤鉄道、NSCR)のフェーズ1プロジェクト向けの昇降機67台を受注した。

今回の受注はフィリピンにおける日立グループとして初めての鉄道システム向け案件であり、フィリピンにおける日立グループの昇降機の受注としては過去最大級のものになる。

1日に20万人以上の通勤客の利用を見込む路線

NSCRのフェーズ1プロジェクトは、ブラカン州マロロス市からマニラ市ツツバンまでの38kmを結ぶ鉄道路線で、1日に20万人以上の通勤客の利用が見込まれている。

フィリピン政府が全面的に主導する案件で、首都マニラおよび近接する地域の既存の公共交通を拡張し、交通渋滞の緩和をめざすプロジェクトだ。

今回のプロジェクトは、契約者の異なる2つの契約パッケージ(Contract Packages/以下、CP)で構成。

日立エレベーターフィリピン社は、大成建設・DMCI JV(Joint Venture)が担当するCP01については、エレベーター13台、エスカレーター26台、三井住友建設が担当するCP02については、エレベーター8台、エスカレーター20台を受注し、2023年5月までに納入する。

昇降機業界は大きく拡大すると予想

フィリピンの昇降機市場規模は、2019年から2025年にかけて年率5.5%の成長が見込まれている(6Wresearch社調べ)。

新型コロナウイルスの感染拡大により、世界的に建設プロジェクトが停滞し、フィリピンでは、年間3,700台程度だった昇降機需要が2,300台程度に落ち込んでいるが、ニューノーマルに向けてこの状況を克服し、今後数年において都市化の進展、急速な建設の拡大により、昇降機業界は大きく拡大すると予想されている。

日立と日立ビルシステムは、今後も、IoTをはじめとする最先端のデジタル技術を、製品・サービスの開発に幅広く活用して、安全・安心・快適な昇降機や、都市空間における顧客のさまざまな課題解決に貢献するサービスをグローバルに提供し、持続可能な社会の実現に貢献するという。

  • 9/20 9:55
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます