中村玉緒は「82歳で元気にボウズ」!高橋尚子、後藤真希、亀梨和也、関ジャニ∞横山裕も!!「パチンコ・パチスロ大好き芸能人」

拡大画像を見る

 7月12日で82歳になった中村玉緒。今年1月29日にはインスタグラムをスタートさせ、3月7日にはYouTuberデビューするなど、年齢を感じさせないパワフルな活動を見せている。

 そんな中村はプライベートでも元気いっぱいなようで、9月14日発売の『FLASH』(光文社)では、9月某日に2日連続でパチンコ店を訪れる中村の姿を伝えている。

「記事によると、中村は『バジリスク絆2』というスロットを打っていて、常連客に“今日は帰ります”と声をかけることもあるそうで、他のお客との交流までしているといいます。8月24日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)のインタビュー記事でも、中村は、“赤坂に行きつけのパチンコ店があるんです。

 決めていることがあって、スロットのレバーは右手を使う”とスロット愛を口にしていました。インスタグラムにYouTubeと今でも精力的に活動できるのは、こうした好きなものへの情熱が変わらずあるからなのかもしれません」(芸能記者)

 ただ、中村は2日連続でボウズで終わってしまった、と『FLASH』は伝えている。

「著名人にとってパチンコやパチスロは良いストレス発散になるのか、意外な人物が通っているとの報道が出ることもあります。有名なのは元マラソン選手の高橋尚子(49)でしょうね」(前同)

■パチンコスタイルも長距離! モー娘。のセンターも…

“Qちゃん”の愛称で知られる高橋は2000年、シドニー五輪の女子マラソンで金メダルを獲得したアスリート。パチンコをするようなイメージはなかったが、

「2016年8月発売の『女性自身』(光文社)で、パチンコに打ち込む姿を報じられましたよね。高橋は11時30分過ぎに入店すると、なんと閉店のアナウンスが流れる22時40分まで、実に11時間にもわたって、食事もとらず打ち続けたそうです。しかもこの日は大当たり55回も出したというのですから、さすかば金メダリストの勝負強さ。

 高橋は、『女性自身』の取材に“月に何回かしか行かない”と答えていて、たまに来て集中して打ち込むスタイルなのかもしれません。ただ、11時間はさすがに相当なもの。かなりハマっているのではと当時ささやかれましたよね」(前出の芸能記者)

 モーニング娘。のメンバーとして一世を風靡した後藤真希(35)も2008年2月発売の『週刊新潮』(新潮社)で都内某所のパチンコ店で打っている姿を報じられた。

「このとき後藤はパーカーのフードを被り、足を組んでパチンコに興じていました。この報道があった当時、芸能活動を休止していたタイミング。芸能界を少し休んでいる間にパチンコ店でそれまでのストレスを大いに発散していたのかもしれませんね」(前同)

■亀梨は「北斗の拳」バレた!

 2020年10月に放送された『クイズ!THE違和感』(TBS系)では、問題の演出からKAT-TUNの亀梨和也(35)がパチスロにハマっていたことがバレてしまった。

「“違和漢字”という間違った漢字を当てるコーナーの問題VTRで、パチスロ『北斗の拳』を真似た演出がされていました。演出の元ネタについての話題がスタジオで出たのですが、千鳥のノブ(41)がゲストの亀梨に“亀梨くんはあんま(演出の元ネタが)分からなかった?”と聞きます。ノブとしては亀梨は当然わからないものと踏んで質問したのでしょうけど、亀梨は“北斗の拳”と答えて小さく頷き、分かると答えたんです。

 その後亀梨は、“10年以上前ですけど”と過去のことであると強調しつつ、実際にパチスロをやっていたと告白。『北斗の拳』シリーズの演出であるレインボーオーラも知っている、と明かしていました。10年以上前のKAT-TUNというと、尖りまくっていた時代ですが、多忙な芸能生活、また何かと揺れるKAT-TUNが大変で、パチスロで鬱憤晴らしをしていたのかもしれませんね」(女性誌記者)

 関ジャニ∞の横山裕(40)も2015年3月放送の『サワコの朝』(TBS系)でパチンコに明け暮れた過去を明かした。

「横山がパチンコに興じていたのは、ジャニーズJr.時代だといいます。当時、横山がJr.だった頃は滝沢秀明氏(39)の人気もあってJr.の黄金期で横山にも仕事があったものの、それがタッキー&翼のデビューによって消滅。仕事のない横山は“仕事ないとき何してましたかと言われたら、パチンコしてましたね”と語り、20〜21歳の頃はパチンコ漬けの日々を送ったそうです」(前同)

 横山はパチンコ三昧の日々を送っていたときから2年後の2004年8月、関ジャニ∞で『浪花いろは節』でデビューを果たし、その後は言わずもがなの活躍をしている。

「ストレスの多い芸能界ですから、何か発散できる趣味がほしいのは当然。パチンコやパチスロは人目をあまり気にせず1人で集中しながら熱中できる遊びですから、ハマるタレントも少なくないのかもしれませんね」(同)

 くれぐれも、やりすぎには注意!

関連リンク

  • 9/20 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます