今年こそスキー三昧!長野県北部4スキー場の「リフト共通シーズン券」を販売開始

拡大画像を見る

 東急リゾーツ&ステイは9月15日に、同社が運営する「タングラムスキーサーカス」において、野沢温泉スキー場、斑尾高原スキー場、戸隠スキー場、タングラムの4スキー場における、リフト共通シーズン券の販売を開始した。価格は7万6000円。

 リフト共通シーズン券はICカード形式で、4スキー場がSKIDATA製のICオートゲートシステムを導入したため、1枚のICカードで4カ所のスキー場のリフトに、券の引き換えなしでそのまま乗車できる。
 購入特典として、野沢温泉スキー場ではスクールの一般レッスン料を10%オフにするとともに、サマーシーズンリフト券を10%オフにする(野沢温泉スポーツ公園は対象外)。
 斑尾高原スキー場では、モンエール斑尾温泉施設を冬季限定で無料で利用可能になるほか、白樺レンタル(スキー、ボード)を1000円割り引く。
 戸隠スキー場では、シャルマン戸隠・やなぎらんで対象ランチが30%オフになる。
 タングラムでは、タングラム斑尾温泉が通常1000円のところ、200円で利用できる(入湯税、タオル代込み)。

関連リンク

  • 9/20 8:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます