伊集院光「パワハラ疑惑女子アナ降板騒動」の黒い裏側!「1年間泣いていた新井麻希」とラジオとテレビ「仰天二面性」!!

拡大画像を見る

“ラジオの帝王”とも称されるタレントの伊集院光(53)の“パワハラ疑惑”が一部で波紋を広げている。

 伊集院といえば1995年からTBSラジオの『伊集院光 深夜の馬鹿力』(火曜午前1時~)のパーソナリティを務めているほか、2016年からは毎週月曜から木曜のワイド番組『伊集院光とらじおと』(月~木曜午前8時30分~)も担当。“TBSラジオの顔”とも言える存在だ。

 そんな伊集院が『らじおと』の月曜アシスタントを務める元TBSアナウンサーの新井麻希(39)に対して、本番中や本番以外の場面でパワハラともとられかねない厳しいダメ出しをたびたび行ない、新井の番組降板につながった、と9月16日発売の『女性セブン』(小学館)が報じた。

 以前から伊集院から新井に対する厳しい発言はあったものの、決定打になったのは8月23日の『らじおと』でのやりとり。伊集院は「新井は降板すれすれのラインだからな!」との言葉を、語気を強めてはなったという。

 そんな中、新井は8月30日から2週にわたって夏休みに入ることが発表された。さらにその後、伊集院も新井と入れ替わる形で、9月13日から2週間の夏休みをとることになった。伊集院の夏休み中、新井は『らじおと』に出演。9月13日、新井が9月20日の放送をもって同番組を降板することも明らかになった。

『女性セブン』によると、新井は伊集院からの重圧により、「もう顔を合わすことができない」と申し入れ、降板することに決まったという。

 2020年春頃には、ラジオでのトーク中に「やっぱ、俺わかんねぇわ。俺は寄り添おうと思ってるんだけどさ」とダメ出しされたり、本番以外でも「新井の話はデマベースなんだよ!」と伊集院が指摘する場面があったと『女性セブン』では伝えている。

 9月18日の『東スポWeb』によると、新井は自分がよく知らない話題にも「知ってます!」と割り込んでくることがあり、それを伊集院はよく思っていなかったという。

 伊集院が2週間の夏休みに入ったのは純粋な“休み”というよりも“謹慎”に近いものだと報じるメディアもあった。

『女性セブン』では、そんな伊集院に直撃取材を行っており、パワハラ疑惑について問われると「イレギュラーなことが起こるといろいろ想像をするのもわかるけど、そういうことは一切ないです」と否定。そして「新井は新井で言いたいこともあるでしょうし。あとはラジオを聴いてもらわないと」とコメントしている。

■テレビは“白伊集院”、深夜ラジオは“黒伊集院”

 一方の新井も『女性セブン』の取材を受けたものの、パワハラ疑惑に話が及ぶと「番組に関することは、TBSラジオにお願いいたします」と応じ、当のTBSラジオは「個別の件に関してはかねてからお答えしておりません」と回答している。

「『女性セブン』にもありますが、伊集院さんはテレビと深夜ラジオではまったく違うキャラクターなんです。テレビでは自分に与えられた役割をそつなくこなすクレバーなバイプレーヤーとして引っ張りだこ。一方、深夜ラジオでは毒舌や下ネタを連発。

 自分自身でもネタにしていますが、ラジオファンの間ではテレビや朝のラジオは“白伊集院”、深夜ラジオは“黒伊集院”とも言われています。別に“黒伊集院”が伊集院さんの本性というわけではありません。彼はテレビや朝のラジオ、そして深夜のラジオそれぞれで自分が求められている役割を果たしているだけ。

 また、ゲストで呼ばれた番組では当たり障りのない立ち居振る舞いをすることが多いですが、ラジオでもテレビでも、自分の冠番組ともなると、そのこだわりようは芸能人でも他に類を見ないほどなんですよね」(制作会社関係者)

 かつての冠番組『伊集院光のばんぐみ』(BS11デジタル)や『IJP イジュウインパーク』(TOKYO MX)などでは、番組の顔である伊集院がロケ地選定のためのロケハンや小道具を用意することもあったと、自身のラジオで明かしていた。

「事前の打ち合わせも、他の芸能人では考えられないレベルで、かなり綿密にするような人ですが、自分が企画しスタートしたある番組の際には、なんと編集所にまで顔を出して、ディレクターに事細かにVTR修正の指示をし、ダメ出しすることもあったといいます。週4~5日、編集所に顔を出すこともあったそうで、中には“やってられない”とボヤくスタッフもいたと聞こえてきています。

 ラジオ番組に関しても、一般的なパーソナリティだったら本番の1~2時間前に局入りして打ち合わせをしますが、伊集院さんは“ラジオの帝王”と呼ばれるようになった今でも4~5時間前には局入りするほど。

 また、リスナーから届くネタメールにはすべて目を通すという姿勢は、20代の頃に初めて冠ラジオ番組を持ったときから変わっていません。毎週月曜深夜の『深夜の馬鹿力』に向けて1週間を費やして徹底的な準備をする。だからこそ、どんなパーソナリティも追随できない面白いラジオになるわけですが……」(前同)

■TBSラジオ上層部とも強い関係の伊集院に現場は何も言えず……

 伊集院はかつて『オールナイトニッポン』や『伊集院光のOh!デカナイト』などニッポン放送で活躍。しかし、ニッポン放送の担当者とトラブルになり、同局の番組から降板。直後、TBSラジオに移って『深夜の馬鹿力』がスタートした。

 伊集院がニッポン放送からTBSラジオに移籍してから、長年ラジオで聴取率トップに君臨していたニッポン放送をTBSラジオが逆転。伊集院はTBSラジオにとって最大の功労者と言っても過言ではない。

「伊集院さんは自分自身では決してそうは思ってはいないでしょうが、ラジオ界で“偉くなり過ぎてしまった”わけです。長年、彼の深夜番組やかつて人気を博した『伊集院光 日曜日の秘密基地』を担当してきた人物は今ではTBSラジオの幹部に昇進。

 その人物が今回問題となった『らじおと』を立ち上げたわけですが、伊集院さんはTBSラジオの上層部ともつながりが強い。伊集院さん自身は“体制側”という意識はまったくないはずです。しかし、現場のスタッフは伊集院さんに加え、上のことも気にして何も言えなくなっているとも考えられます」(前出の制作会社関係者)

『女性セブン』では伊集院が最近、長年可愛がっていた愛犬を亡くし、精神的に不安定にもなっていたと伝えている。

「立て続けに2匹の愛犬を失ったと深夜ラジオで明かしています。番組内では愛犬の死も笑いに代えようと振る舞っていましたが、心根では相当ツラかったのではないでしょうか。また、コロナ禍でずいぶんストレスを感じているのではとも言われています。

 伊集院さんはラジオのトークのために全国各地に旅行行脚に行くことでも知られています。自分で綿密に計画を立ててルールを定め、その通りに旅行をするものの、自分で決めたはずのルールにがんじがらめになって不慮のトラブルに見舞われてしまうこともしばしば。それを面白おかしく語る、というのが『深夜の馬鹿力』のウリでした。しかし、コロナ禍でその旅行もなかなかできない。

 また、伊集院さんは仕事でもプライベートでも曲がったことは決して許さないタイプ。自分がこうだと決めたルールは何が何でも守ろうとする。だからこそ、伊集院さんの中で“デマベースの話をしていた”、となっていた新井さんに強く当たってしまったということは考えられそうです」(前同)

■伊集院が新井のために『らじおと』で説明の機会を用意する可能性

 ラジオ局関係者はこう話す。

「たしかに、伊集院さんについては特にここ1年ほど、目に余る部分があったという声もありますね。新井さんはこの1年、毎週月曜日は精神的なダメージから1人で泣いていたそうですからね……。

 今回の報道について、伊集院さんも新井さんもSNSなどで釈明していないところからも、事の深刻さがうかがえます。ただ、伊集院さんには、ラジオで起こったことなので“ラジオで説明するべき”という思いがあるかもしれません。

 伊集院さんが『女性セブン』の直撃に対して“新井は新井で言いたいこともあるでしょうし。あとはラジオを聴いてもらわないと”とコメントしたように、9月20日の『らじおと』で新井さんが番組降板の経緯について説明するとも考えられる。伊集院さんは“説明不足から誤解される”ことを極端に嫌いますから、伊集院さん自らが、新井さんにその場を用意してあげている可能性は高いのではないでしょうか。

 伊集院さんと新井さんが入れ違いで夏休みをとる形になったのも、そもそも伊集院さんは『らじおと』が5年目を迎えるタイミングで夏休みをとるという話になっていたことも明らかになっています」

 また、夏休み明けの『深夜の馬鹿力』で伊集院は間違いなくこの報道に触れるはずだという。

「彼の性格上、この一件をスルーしたままで番組を続けるなんてことは考えられない。真摯なコメントをしつつ、卓越したトーク術で自身のパワハラ疑惑も自虐ネタにしてしまうのかもしれませんね」(前同)

 9月20日の『らじおと』で新井は何を語るのか、また伊集院の心境やいかに――。

関連リンク

  • 9/20 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます