メンタルの強い子に!「親子で哲学」をオススメする理由とは?

新型コロナウィルスをはじめ、目まぐるしく変わる世界の状況。価値観も国や人それぞれで、教科書やマニュアル、「今まで通り」が通用しないことも多い、今の時代。

子どもたちが悩みを抱えたときには、状況に応じて、自分自身で深く考えて答えを導くことが大切になってきます。そんな「考える力」を身につけるのに最適なのが、“哲学”です!

どんなことにも、まず「疑問」を持つこと

「深く考える力」は大人になってからでは、なかなか身につきません。子どもの頃から習慣化することが重要です。先ごろ出版された『子どもテツガク』の著者・哲学者の小川仁志さんは、まず「疑問」を持つことが大切だと語ります。

「また、『こうじゃないかな?』『やっぱりあっちかな?』など、さまざまな視点で見てまとめていくことが『深く考えること』です 。

逆に、浅くしか考えられない人は、インターネットやSNSで発信される情報を鵜呑みにしてしまう。人の言ったことをそのまま受け止め、そこから問いを深めようとしないんです。深く考える力を持っている人は、人生を主体的に生きられるようになりますよ」

ここでは、『子どもテツガク』より、子どもから発せられる素朴な質問と、それに対する小川さんのアドバイスをご紹介しましょう。

ピンチが多いほどいい人生になる!?

「人にとってピンチは、必ずしもダメなものではありません。普通はピンチは避けたくなるものですが、実はピンチには色々なメリットがあるということに気づいてほしい。

自分が成長できるチャンスになるとか、ピンチを乗り越えることで喜びを得られるとか。哲学することで普通とは違う考え方を持てるようになるのです」

がんばるってどういうこと?

「頑張らないといけないといわれますが、ずっと頑張っていたら疲れてしまうので、本当に大事な時だけでいいということ。ここぞって時に、いつもより多めにエネルギーを使えばいんです。

でも、ここぞって時っていつなんだろう?大事な時なんだろうけど、その見極めが難しいですよね。簡単にあきらめるんじゃなく、ここはちょっとねばらないといけないなって時じゃないかな。   それは、あきらめたら、誰かが怒られそうな時。テスト前にあきらめて勉強しないとか、どうせ負けるからって一生懸命練習をしないとか……そんな時はがんばり時だと思います。   もしかしたら、がんばるってがんこにねばるって意味なのもかもね。哲学することであいまいな言葉の意味がはっきりしてきます」

『子どもテツガク』って?

『子どもテツガク』の中に書かれているのは、「答え」ではなく、86の「問い」。書かれている小川先生の意見をもとに、「自分なら……」と考えられる一冊です。

いろんな視点で捉えることは、哲学の大事なプロセス。ほかにも、学校では教えてくれない「なぜ」が、可愛いイラストとともにたくさん掲載されています。

たくさんの「なぜ」は大人も考えさせられるものばかり。この本をきっかけに、親子で一緒に会話をしながら、考えてみませんか?

Amazonで詳しく見る


イラスト/林ユミ
文/暮らしニスタ編集部

関連リンク

  • 9/17 7:30
  • 暮らしニスタ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます