「敏江・玲児」正司敏江さん死去 80歳、脳梗塞“どつき漫才”で一世風靡

拡大画像を見る

 夫婦漫才コンビ「正司敏江・玲児」として人気を博したタレント・正司敏江(しょうじ・としえ、本名及川キミコ=おいかわ・きみこ)さんが18日午前1時59分、脳梗塞のため大阪市内の病院で亡くなった。80歳だった。19日、所属事務所の松竹芸能が発表した。

 敏江さんは8月末に自宅で脳梗塞で倒れ、大阪市内の病院に救急搬送された。意識はなく、その後も病状が好転することはなかったという。最期は1人娘に看取られて旅立ったという。葬儀はこの日、東大阪市で近親者のみで執り行われた。お別れ会などは予定されていないという。

 敏江さんは1940年11月9日生まれ。香川県小豆島出身。大きなリボンを頭につけ、着物の振り袖を大きく揺らし、夫の玲児さんと舞台上で実際にケンカしたことから始まった“どつき漫才”で観客を沸かせた。76年に離婚後もコンビを継続。10年に死去した玲児さんの追悼イベントでは「怒られて、どつかれて、お金取られて、散々腹立ったけど、幸せでした」と語った。

 最後の舞台は20年2月2日で、大阪・心斎橋角座で行われた昼寄席に出演してネタを披露した。以降は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、事務所が高齢であることを配慮し、仕事を入れていなかったという。

関連リンク

  • 9/20 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます