ありがたい…けれども!男が「めんどくさい」と感じてしまう【好きアピLINE】

好きな人にはつい積極的にたくさんLINEをしがちですが、さすがに度がすぎると引かれてしまうことはよくあるものです。
もしかしてうっとうしいと思われている……?と思ったら、度を超えていないかよくチェックしてみましょう。

そこで今回は、男性が正直めんどくさいと感じてしまう好きアピLINEを紹介していきます!

(1)わかりやすく嫉妬の感情を見せる


駆け引きの一環としてあえて嫉妬の感情を見せることは効果的なテクニックの一つです。
ですがさすがにやりすぎると、うっとうしい……と思われてしまうことは多いもの。

彼女でもないのにほかの女性との関係を必要以上に知りたがったり……。
そんな行動を見せられたら、この子と付き合ったらめんどくさそうと早くも思われてしまいます。

(2)相手のことが知りたすぎるあまり質問攻めに……


好きアピがただのしつこいLINEになって、質問攻め状態になってしまう人も意外と多いので要注意。
たしかに好きな人のことはたくさん知りたいですしいろいろなことを質問攻めしたくもなりますよね。

ですがさすがに質問が多すぎると引いてしまう人は多いですし、相手からすればプライベートを探られている感じもあるでしょう。
そのせいですっかり距離を取られてしまうこともあるかもしれません。

(3)都合や好み無視で強引に誘ってくる


積極的に好きな人を誘うことは大事なことですが、相手の都合や好み無視はさすがに避けたいところ。
自分の好きなところに誘うLINEばかりして好きな人を困らせていませんか?

最初は誘われて嬉しい気持ちはあったものの、さすがにそんな状態が続きすぎると面倒に感じる男性灰尾ものです。

(4)とにかく四六時中LINEが来る


好きアピLINEとして四六時中好きな人にLINEを送っている人は要注意。
とくに相手の返信を待たず、まるで一人でSNSでつぶやいているように送るのはNGです。

ストレートにしつこくて面倒……と感じる男性は多いですし、彼のプライベートを邪魔する原因になるのはたしかですね。


好きな人にLINEするときは、積極的で攻めあるのみ!も大事ですが、あくまでそれはケースバイケース。
ときにはしっかり空気を読んで、非常識なLINEは避けていきたいですね!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/19 20:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます