東大生研ITSセンター・埼玉工業大学が「ITSセミナー in 埼玉」を共同で開催

拡大画像を見る


埼玉工業大学は、東京大学生産技術研究所次世代モビリティ研究センター(ITSセンター)主催で、9月24日(金)12:50~16:30にオンライン開催される東大生研ITSセミナーシリーズ38「ITSセミナー in 埼玉 ~地域における新技術の導入・実装・育成~」に共催する。

自動運転技術の開発に取り組む埼工大

埼工大は、自動運転技術の開発に積極的に取り組み、埼玉県をはじめ全国各地の実証実験に多数参加して研究を進めてきた。最近では、NHK大河ドラマ「青天を衝け」に合わせ、近代日本経済の父といわれる渋沢栄一翁ゆかりの地である「論語の里」の見学者向けに深谷観光バスが運行する『渋沢栄一 論語の里 循環バス』に、同学が開発した大型自動運転バスを提供している。

第38回のITSセミナー

東大生研ITSセンターは研究成果の社会還元、地域のニーズに即したITSの普及促進、地域の人材育成、交流を目的としたITSセミナーを年2~3回程度、地域の大学、ITS関連の組織と共同で開催しており、「ITSセミナー in 埼玉」は同セミナーシリーズの第38回目として開催される。

特別講演も実施

地域課題の解決に向けたITS、自動運転技術等の普及・促進においては、いかに新技術を導入・実装するか、そのための産業・企業育成を進めていくかが大きな課題のひとつ。そこで同セミナーでは、近代日本における産業育成に大きな役割を果たした渋沢栄一氏に関する特別講演の後、ITS・自動運転技術の導入・実装・育成について考えるきっかけとなることを狙いとし、東大生研ITSセンターおよび埼玉県の産官学関係者による講演・討議を行う。

今回は特別講演として「未来を導く渋沢栄一『論語と算盤』の現代意義」と題し、渋澤健(コモンズ投信会長、シブサワ・アンド・カンパニー代表取締役)氏が登壇。

続いて、第Ⅰ部:東大生研ITSセンターからの研究報告、第Ⅱ部:地元関係者からの取組紹介、第Ⅲ部:パネルディスカッション「新技術の導入・実装・育成と地域の産学官連携」が行われる。

同イベントは、参加費無料、事前登録制。プログラムの詳細、申し込みなどについては、東京大学生産技術研究所次世代モビリティ研究センター(ITSセンター)の公式ホームページで確認を。

  • 9/19 14:59
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます