吉村圭司調教師がJRA通算200勝「サラブレッドたち、厩舎のスタッフに感謝」

拡大画像を見る

 19日の中京2R・2歳未勝利(ダ1800m)で、武豊騎手騎乗のアナザーエデンが1着となり、管理する栗東の吉村圭司調教師は現役106人目のJRA通算200勝を達成した。

【吉村圭司調教師のコメント】
「馬主さまをはじめ牧場関係の方々、そして厩舎を支援していただいている皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。

 毎日一生懸命頑張ってくれているサラブレッドたち、開業当初から努力を続けてくれている厩舎のスタッフに感謝の気持ちを伝えるとともに、これからまたスタッフと精進して参りますので、ファンの皆様これからも応援よろしくお願いいたします」

(JRAのホームページより)

 吉村圭司調教師は1972年5月31日生まれの49歳。熊本県出身。2012年に厩舎を開業し、今年で11年目。

 これまでの管理馬には2016年エリザベス女王杯覇者クイーンズリング、2017年エプソムC覇者ダッシングブレイズ、2018年函館記念覇者エアアンセムなどがいる。

関連リンク

  • 9/19 20:49
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます