一瞬で射止められました。男性が女性を【本命認定した瞬間】4つ

拡大画像を見る


「今度こそ結婚も秒読み?」と思っていたのに、実は自分は都合のいい女だったという経験がある人もいるのではないでしょうか。「俺にはもうこの子しかいない!」と男性が女性を本命認定するときはどんなときなのでしょうか? 


「ありがとう」を忘れない

感謝の気持ちを忘れない女性は「ずっと一緒にいたい」「大切にしたい」と思ってもらえます。男性がデートで奢ってくれたり多めに出してくれたりするのは、あなたを喜ばせたいと思っているからです。その好意を「男なんだからお金を出して当然!」といった態度を取られると、男性はがっかりしてしまいます。その場でお礼を言うことはもちろんですが、あとからLINEでも気持ちを伝えたり、後日「この前はありがとう」といってコーヒーを奢ったりなどお返しをするとさらに好感度がアップします。 


何も言わずそばにいてくれたとき

男性は疲れているときや悩んでいるとき、その理由は言いたくないけど彼女に会って癒されたいという気持ちになることがあります。女性は男性が悩んでいる姿を見ると「どうしたの?」「何でも聞くよ」と根掘り葉掘り聞いてしまいがちですが、男性が話したくない雰囲気のときはただそばにいればいいのです。そっと寄り添ってくれる女性は本命認定されること間違いなし。余計なことをいってしまうと自尊心を傷つける恐れもあります。また「男のくせに情けない」「悩んでないで行動すれば?」といった彼を否定するようなことはいわないようにしましょう。 


仕事への理解を示してくれたとき

「いつもお疲れ様」「夜遅くまで大変だったね」とねぎらいの言葉をかけてくれる女性は本命認定されます。男性が仕事を頑張っているのは将来家族になるあなたを支えたいと思っているから。その気持ちを理解せず「また残業?」「なんで休日出勤しなきゃいけないの?」など、理解のない女性は嫌われてしまうので気をつけましょう。 


「初めて」と喜んでいる姿を見たとき

いくつの女性でも「初めて」のことはありますよね。男性は初めてのことを自分が経験させたことをうれしく思います。初めてであることを恥ずかしいからといって隠す必要はありません。「こんな素敵な場所初めて来た!」「こんな気持ちになるの初めて...○○くんだからかな」と初々しく喜ぶ女性を見ると、本命認定してもらえますよ。 当たり前のことできる素直な女性がモテます。都合のいい女は卒業して本命認定してもらえるステキな女性を目指しましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/19 17:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます