ヘイリー・ビーバー“ジャスティン・ビーバーの妻”と呼ばれることは「気にならない」 献身的な夫を絶賛

拡大画像を見る

今月13日、ニューヨークで開催された「METガラ」に夫婦で揃って登場し、ファンを喜ばせたジャスティン&ヘイリー・ビーバー夫妻。途中で一部の心無い人々からジャスティンの元恋人セレーナ・ゴメスの名前が叫ばれるというハプニングも見られたが、ちょうど3年前にあたる2018年のこの日は、同州裁判所で地味婚を行った夫妻のアニバーサリーでもあり、そんなスペシャルデーに夫妻がレッドカーペットで見せた美しいツーショットは大きな注目を集めた。

「どうせ長続きしない」「若い2人のおままごと結婚」などと揶揄されるも、このほど3回目のアニバーサリーを迎えたジャスティン・ビーバーとヘイリー・ビーバー。ネット上では3年が経過した現在もアンチによる誹謗中傷の声が後を絶たず、なかには「ジャスティンがヘイリーをリスペクトしていない」といった声もあがっている。しかしヘイリーは現地時間17日に出演したポッドキャスト『4D With Demi Lovato』の中で、そんな噂の真相をざっくばらんに明かした。

「私やジャスティンに関しては、本当にたくさんのストーリーが出回っているの。『ジャスティンが私を優しく扱っていない』とか、なかには『虐待している』とかっていうとんでもないストーリーもあるわ。」

「でも、それは真実からかなりかけ離れたものよ。真逆のストーリーね。」

そう語ったヘイリーは、実際のジャスティンは「とても紳士的な夫」と絶賛。結婚4年目に入った現在もお互いに夢中で、幸せな日々を送っているという。そのため巷にはびこる夫にまつわる正反対の噂話には「えっ?」と首を傾げているそうだ。

それでも時折、心無い言葉に落ち込むこともあるというヘイリー。しかしそんな時はヘイリーがいかに素晴らしいか、そしてどれだけ多くの人に愛されているかをジャスティンが言葉で伝えてくれるのだそう。世間の誹謗中傷に疲弊するのではなく、目の前の大切な真実にフォーカスする―そんなシンプルだがつい忘れがちなことを、ジャスティンは常にリマインドしてくれる存在なのだという。

世界にその名を知られる有名セレブと結婚したことで、今でも自身の名前ではなく“ジャスティン・ビーバーの妻”と形容されることも少なくないヘイリーだが、それについては

「有名人と結婚したのだから、色々な場面で人から『あぁ、あれは○○の奥さんだね』って言われ方をされちゃうことは受け入れているわ。私は気にならない。『あなたはジャスティンの奥さんだね』って言われても『ええそうよ、私はジャスティンの妻です!』って言いたいくらい。だって本当のことだから。」

とキッパリ。しかし

「だけどそこから話を飛躍させて、『あなたが彼の奥さんじゃなかったら、あなたのことなんて誰も知らないわ』とか言われちゃうのは心外ね。」

と本音をのぞかせる場面も見られた。

「あのジャスティンを“更生”させた」と業界内外からの評価も高く、現在は世界の名だたるブランドの“顔”としてモデルキャリアを着実に積み重ねているヘイリー・ビーバー。“ミニ・ジャスティン”・“ミニ・ヘイリー”への期待も高まる彼女の動向には、今後もますます注目が集まりそうだ。

画像は『Justin Bieber 2021年9月14日付Instagram「@tyrellhampton」』『Hailey Rhode Baldwin Bieber 2021年9月13日付Instagram「MET in @ysl and @tiffanyandco」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

関連リンク

  • 9/19 15:12
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます