『elemense』から、波佐見焼の磁器による香炉「ポーセリン インセンスバーナー」登場


ホームフレグランスブランド「elemense(エレメンス)」が、波佐見焼の磁器による香炉「porcelain incense burner(ポーセリン インセンスバーナー)」を、9月21日(火)より発売する。

インセンスを印象的にくゆらせる美しい道具

「elemense」は、現代の生活におけるフレグランスのあり方をアップデートする、ホームフレグランスのグローバルブランド。


自然界のエレメント<木・火・土・金・水>を表現した5つの香りが、ブランドのアイデンティティだ。

今回、その香りを表現したインセンスを、より印象的にくゆらせる美しい道具として「ポーセリン インセンスバーナー」各16,500円(税込)が登場。


同商品は、「elemense」が5月の日本デビューと同時にリリースした「ポタリーストーンディフューザー」に続く、第二弾のプロダクトとなる。

インテリアに美しさを添えるデザイン


「ポーセリン インセンスバーナー」は、磁器の生産として名高い長崎・波佐見にてつくられた陶器(陶石と陶土を合わせてつくられた陶磁器)のバーナー。シャープな佇まいを備えながら、ふちに残された土色のラインが、やわらかな温かみを感じさせる。


また、道具としての機能にとどまらず、インテリアに美しさを添える存在であるようにと、モダンなデザインに仕上げた。

インセンスの予備をストック可能


同商品の蓋をあけると、内側に仕切りが現れる。中央が、インセンスを焚くための溝。その両サイドに、インセンスの予備をストックしておくことができる。


本体は、マット釉のブラックと、


ガラス釉による艶のあるグレーの2色展開。どちらも素地のやわらかな魅力を生かした品のあるトーンだ。

置き方によって違う景色を楽しめる

付属の香立は、シンプルな真鍮製。台形にデザインされていて、置き方によって、蓋のスリットからインセンスが顔を覗かせるようにも、またインセンスを内側に隠して煙だけが立ち現れるようにも、セットできる。

香立を単独で使っても美しいミニマムなデザインは、カット面の磨き一つひとつにおいてもマットな艶が生まれるよう、職人の手で追求して制作。ミリ単位の調整を厭わない職人たちの高い技術力を誇る、東京は下町の町工場から生まれたプロダクトとなっている。


秋のはじまりに、新しいインセンスバーナーを手にとってみては。

画像をもっと見る

  • 9/19 14:30
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます