時間を楽しむ酒 八重泉酒造が新たな樽貯蔵「PRISMA」を発売


八重泉酒造は、熟成にスパニッシュオーク樽を使用した樽貯蔵酒「PRISMA(プリズマ)」を発売する。

豊潤な味わいの泡盛


「PRISMA」は、長年の試行錯誤を経て、熟成にスパニッシュオーク樽を使用。これまでの樽貯蔵シリーズとは異なる、多彩で華やかな樽の香りと泡盛の持つ深い味わいが相まった、豊潤な味わいに仕上がった。時間経過とともに香り、味が虹の様に変わっていく感覚と、好みのカラーを探し求める楽しさを体感できる。

ゆっくりと味わうことで、自宅で過ごす時間が贅沢なひとときに。

商品概要


「PRISMA」3,740円(税込)は内容量300mlでアルコール度数は40度。

販売について

「PRISMA」は9月20日(月)に出荷開始予定で数量限定販売品だ。販売は八重泉酒造公式サイトと八重泉酒造工場ショップのみとなる。詳細については八重泉酒造公式サイトで確認を。

数量限定販売品の「PRISMA」でくつろぎの時間を過ごしてみては。

画像をもっと見る

  • 9/19 14:30
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます