「スープストックトーキョー」でフードロス対策。最低限の料金だけで販売

拡大画像を見る

スープストックトーキョーは2021年9月20日から、賞味期限が近づいてきた冷凍スープをアウトレットセットとして、公式オンラインショップにて販売します。

1セットあたり450円

計画的に生産しても、どうしても出てしまう売れ残り。いま、世界的に廃棄食品(フードロス)への対策が進んでいます。

スープストックトーキョーは、賞味期限が近づいてきた商品を、商品の原材料や輸送費など"最低限の料金"で販売します。

賞味期限が近いといっても、1か月以上はあるので急いで消費する必要はありません。

9月20日10時から販売される15スープセットは、6750円(送料込)。1セットあたりの価格を換算すると、450円です。なお、スープの種類は選べません

看板メニューを詰め合わせた「10スープセット/ギフトボックス」(6550円)とほぼ同額のため、種類が選べないとはいえ、15セットも入っているのはお得感がありますよね。スープ好きはお見逃しなく。

スープストックトーキョーは、数年前から不定期でアウトレットの販売を始めています。今後も、極力余らないように製造販売していくものの、それでも余ってしまう場合には、こういった形で不定期に販売するといいます。

関連リンク

  • 9/19 14:00
  • 東京バーゲンマニア

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます