私、面倒くさい女なの…わざわざアピールしたがる女性心理9パターン

これから関係を深めていこうという段階で、多くの女性が口にする「面倒くさい女」アピール。その真意は人それぞれで、さまざまな意味があるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「『私、面倒くさい女なの』と自らアピールしてくる女性の意図」を紹介します。

【1】「ワガママな自分を受け止めてほしい」という素直な願い
「ワガママと言うと引いちゃう男性もいるから」(20代女性)など、自分の自己中な性格を男性に受け入れてもらいやすくする狙いがあるようです。女の子の意図を理解したうえで、「知ってる。そんな◯◯ちゃんが好き!」と返すのが真のイケメンではないでしょうか。

【2】「実は自分に自信がないんだ…」というネガティブな嘆き
「私のマイナス思考なとこはウザいと思う」(20代女性)など、些細なことですぐ不安になる自分の性格を「面倒くさい」と自覚しているパターンです。彼女に自信を持ってもらうには、落ち込みやすい面を「自分に厳しいんだね」とフォローするなど、何ごともプラスにとらえてあげることが大切でしょう。

【3】「ストレートに自分をアピールするのは恥ずかしい…」というツンデレ体質特有の照れ隠し
「自分でも可愛くないなと思う」(20代女性)など、積極的な自己アピールが苦手であえてツンツンしている女の子もいるようです。素直になれない女の子には、「俺、あまのじゃくな性格でさ」などと切り出し、女性が自分をさらけ出しやすい雰囲気を作ってあげましょう。

【4】「振り回すことが多くて大変だと思うけど頑張ってね」という自分勝手なエール
「私の性格が変わることはない」(20代女性)など、完全に開き直って、包み隠さず自己アピールしているパターンです。あっけらかんとした雰囲気で「私、面倒くさい女なの」と言われた場合は、女の子に試されたり、何かを期待されたりしているわけではないのかもしれません。

【5】「面倒くさいと分かったら腰が引けるの?」という男の覚悟の確認
「これで男の本心がだいたい分かる」(20代女性)など、男性の本気度を試すケースです。女性に強い想いを寄せている場合は、「どんな風に面倒なのか知りたいな」と余裕を感じさせる一言を返してみましょう。

【6】「独占欲、強いから!」という束縛宣言
「抑えたくても抑えられない」(30代女性)など、コントロールが利かないほど彼氏を独り占めしたい願望が強いパターンです。「それは愛情が強い証拠だね」と面倒な性格ごと包み込むほどの器の大きさを示せば、女の子はキュンとするのではないでしょうか。

【7】「恋愛経験が少ないから男心が分からなくて…」という不安
「いい年なのに男性とのつき合い方がよく分からない…」(30代女性)など、交際への不安が口をついて出るケースです。まずは彼女の懸念をじっくり聞き、ひとつずつ不安の種を取り除いてあげましょう。

【8】「本気じゃない人は去ってね!」という遊びで寄ってくる男の撃退
「深刻な雰囲気で言うと束縛のキツい女をイメージして、ほとんどの男は怖じ気づく」(20代女性)など、軟派な男を遮る意図もあるようです。「私、面倒くさい女なの」と何度も言われたことのある男性は、女性からチャラ男に見られている可能性がありそうです。

【9】「だから私とはつき合わないほうがいいよ」という、口説かれたくない男性へのけん制
「面倒という言葉から、最悪な性格を想像してほしい(笑)」(20代女性)など、男性に早めに諦めてもらうための作戦のようです。女性がそっけない態度で口にした場合は、しつこく「どう面倒なの?」と聞くより、スッと引いたほうが印象を悪くせずに済むかもしれません。

ほかにも「『私、面倒くさい女なの』と自らアピールしてくる女性の意図」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/19 13:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます