コロナ「無症状者」増加が示すリスク ワクチン2回接種後でも感染広げる恐れ

拡大画像を見る

新型コロナウイルスの「隠れ感染」が改めて問題になっている。全国的に感染者数が大きく減少しているが、実は無症状の感染者が多数潜在しているというのだ。こうした無症状者が、周囲に感染を広げるケースも指摘されており、なお警戒が必要だ。

7月上旬の12倍

日経新聞は2021年9月16日の朝刊で、「『隠れ感染』市中で増加」という大きな記事を掲載した。新型コロナウイルスの感染に気づかず、社会生活を送る「隠れ陽性」が増えているというのだ。

東京都は、無症状者を対象に、人流が多い繁華街や飲食店、駅前などでPCR検査をしている。都内の感染者数は減っているが、このモニタリング調査の直近の数値はいまだに7月上旬の12倍。「多数の感染者が潜在している可能性」は、9月9日に開かれたとのモニタリング会議で、専門家からも指摘されたという。

行政検査が追いつかず、民間検査の活用も進んでいないことが背景にあり、経済の正常化に向け、検査体制の拡充とワクチン接種を両輪で進めることが求められる、と同紙は指摘している。

東京新聞も8月27日、「感染気付かず出歩く人が急増」と報じている。

都のモニタリング検査によると、7月第1週の感染者数の割合は0.05%で、検査したおよそ1992人に1人が感染している計算だった。翌週から0.09%、0.15%と割合は上昇し、8月の第3週では0.89%となった。検査したおよそ113人に1人が感染している計算だという。

3割はウイルスを大量に持つ人

新型コロナウイルスについては、「潜在感染者」が多数存在している、ということが以前からたびたび指摘されてきた。日本だけでなく海外でも同様だ。

アジアの情報サイト「NNA ASIA」によると、香港では2020年4月21日~21年4月18日までの間に「隠れ感染」が約2万人いたと推定されている。記事の中で、中文大医学部の陳基湘教授(微生物学科)は、感染が確認された人と隠れた感染者の比率は、香港では約1:2と説明している。

こうした「潜在感染者」は、無自覚のうちに感染を拡大させている可能性がある。日本ではすでに東京都世田谷区の調査で、「潜在感染者」の3割は、ウイルスを大量に持つ人だったことが分かっている。ウイルスを大量に持つ人ほど、周囲への感染力が強いとされている。

先の日経新聞によると、9月1~3日の間に全国の新規感染者は約4万2000人。そのうち約6%に当たる2568人がワクチンの2回接種者だった。これはあくまで症状が出た人に占める割合。同紙は「2回接種後に感染した無症状者も多い可能性がある」ことから、「市中での検査数をより充実させる必要がある」と指摘している。

政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長は15日の衆院厚生労働委員会で、「ワクチンを接種してもゼロにすることはできない。ウイルスとの闘いは続く」と語り、その期間については「神のみぞ知ることだが、2、3年プラス」との見通しを述べている。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 9/19 12:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 脱走兵

    9/20 18:17

    は?こんな事、最初からみんな言ってたよね?何をいまさら。ネットしか見ないヤツが増えたからかな。ネットは検索したモノ=自分が見たいモノしか見れないからな。ネットは玉石混淆、情報ならなんでも手に入る=ネットだけ見てれば全て分かる、という勘違いから情報が偏るんだ。確かになんでも手に入るかもしれないが、基本的に自分から検索しなきゃいけないからな。バカが増えたのはテレビ離れやら書籍離れの結果だな。

  • トリトン

    9/20 17:31

    まだワクチンの性能を知らんバカがいるのか?本当に日本人は白痴な奴らがふえたな。まあテレビも嘘を言ってるから鵜呑みにしてるのもあるかもね、初めの頃と今の検査する人ではかなりの人の数が二桁位は違うのに感染者がふえた?マスゴミも政府ももわざと騙してるのか?まあバカバカの方が幸せかもね。

  • ワクチン接種して症状を『抑えて』いるんだから当然だろう

記事の無断転載を禁じます