【中山5R新馬戦結果】モーリス産駒アンクロワが突き抜けて人気に応える

拡大画像を見る

 19日、中山競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・牝・芝1600m・16頭)は、好スタートから好位に控えた横山和生騎手騎乗の1番人気アンクロワ(牝2、美浦・伊坂重信厩舎)が、直線に入って突き抜け、2着の10番人気ランプロティタ(牝2、美浦・高橋裕厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒3(稍重)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に11番人気ベアクイーン(牝2、美浦・杉浦宏昭厩舎)が入った。なお、3番人気マイスイートハート(牝2、美浦・大竹正博厩舎)は9着、2番人気ベルマーレミノル(牝2、栗東・本田優厩舎)は13着に終わった。

 勝ったアンクロワは、父モーリス、母アンレール、その父ディープインパクトという血統。

関連リンク

  • 9/19 12:38
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます