打ち切り『ボンビーガール』最終回でTOKIO山口達也「完全消去」で再注目!「残る希望は『鉄腕ダッシュ』だけ」の深い理由

拡大画像を見る

「もう、テレビで彼を見ることは今後不可能かもしれない」

 9月14日に放送されたバラエティ番組『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)の最終回を見て、そんな感想を抱いた人も少なくないだろう。

「同番組は、11年4月から9月にかけて深夜番組として放送され、その後2013年4月から現在の火曜22時台で放送が再開。貧乏でも幸せに過ごす女性“ボンビーガール”を多数紹介してきました。しかし、深夜時代からMCをしていた功労者である元TOKIO・山口達也(49)については、完全ノータッチだったんです」(女性誌記者)

『ボンビーガール』の最終回は、約10年間で出演した573人の“ボンビーガール”の中から、一部の女性が現在、何をしているのかの特集で終わり、かつて山口が担当した主婦ゲストが激安スーパーで予算以内で食材を購入し、スタッフの夕食を作る『スーパーの女』などは、一切紹介されなかった。

「山口は18年に4月、泥酔した状態で当時女子高生だったタレントを自宅に招き、危害を加えた疑いで書類送検。翌5月にTOKIOとジャニーズを辞め、『ボンビーガール』も降板しているので、ある意味で当然の扱い。昨年9月にもバイクを運転中に乗用車への追突事故を起こし、飲酒運転が発覚。道交法違反(酒気帯び運転)で逮捕されたばかりなので、なおさらです」(前同)

 この『ボンビーガール』の最終回が放送されたことで、相対的に『ザ!鉄腕!DASH!!』の山口への思い入れの強さが伝わってくるという。

■「よーく見ると、ヒョッコリ映ってますから」

「『鉄腕ダッシュ』も当然ながら山口は降板したし、過去映像でもなるべく映さないようにしてはいるものの、昨年7月26日の『マイナビニュース』で『ダッシュ』を担当する島田総一郎統轄プロデューサーは、山口の映像カットについて“もう一般人になっているからというOA上の配慮をしているだけで。よーく見ると、ヒョッコリ映ってますから”としているうえ、“5人で作り上げた番組で、5人でやってきたことが僕らの宝物なので、胸を張ってその歴史をつないでいこうと思ってます”と、山口の存在を“黒歴史”にしていないことを明言しているんです」(前出の女性誌記者)

 実際、騒動後もしばらくの間は、過去に作業中の山口の姿がチラッと見切れていただけでなく、19年9月29日に城島茂(50)が結婚を“6人目のTOKIO”こと三瓶明雄さんの墓参りを兼ねて報告した際は、山口もしっかり写ったTOKIOと明雄さんが『DASH村』での集合写真がしっかりと紹介されたこともあった。

「極めつけは、今年3月28日に放送された長瀬智也(42)の卒業3時間スペシャルです。メンバーが『DASH』でゆかりのあった場所を回って過去の思い出を振り返り、最後に集合する『3000歩でTOKIOは全員集合できるか!?』という企画でしたが、過去映像に山口が何度も、不自然なズームアップなどもなく誤魔化すこともなく写っていたんです」(前同)

 98年の『流れ星 一晩でいくつ見つけられるか?』、96年アツアツ鍋焼きうどん 命懸け5分食い!!』、01年のソーラーカー「だん吉」を中古車オークションで入手したときの映像でそれぞれ一瞬ではあるが山口が映り、02年に「だん吉」が『ソーラーカー 一筆書きで日本一周』をスタートする際も、「じゃあ行ってきます」と、山口らしき声が聞こえた。

■「いいじゃん。どうせ5人なんだから」や「メンバー見てるかな?」という発言も

「さらに、10年の『24時間テレビ』でTOKIOがステージで歌唱するシーンで2度、城島が14年の同番組で101kmマラソンに挑戦し、日本武道館のゴールに向かう際の映像でも2度、山口の姿が映りました。

 また、番組の名物企画『DASH村』の映像が取り上げられ、そこでは3度、2017年11月の『ベストアーティスト2017』(日本テレビ系)で、『新宿DASH』のベース基地で演奏した際の映像にも山口は登場し、長瀬の卒業SPでは、なんと全14回も山口が登場したんです」(前出の女性誌記者)

 しかも、城島がTOKIOの4人を模した切り絵をだん吉のライトで照らしたはずが、“5人の影”になったことにメンバーが戸惑っていると長瀬が「いいじゃん。どうせ5人なんだから」と発言し、松岡昌宏(44)と国分太一(47)も「もともとはな」「なるほどね」と頷く姿も見せた。

「8月29日放送回で11年の東日本大震災以来10年ぶりに城島がKing&Princeの岸優太(25)、SixTONESの森本慎太郎(24)を連れて『福島DASH村』を訪れた際も、02年に山口主導で完成させた水車を見て、“うわー懐かしい! これメンバー見てるかな? まだあるよ!”と、やはり山口の存在を匂わせる場面がありました。きっと、これからも山口の姿は『DASH』では見れることもあるでしょう」(前同)

 道を外れてしまったが、山口はTOKIOと『DASH』にとって大切な存在であることは間違いないーー。

関連リンク

  • 9/19 13:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます