控えめキャラより「甘え上手」を目指したほうがモテる理由9パターン

控えめな女がウケるという説を信じていたのに、実際は男にベタベタ頼る甘え上手な女のほうがモテると痛感したことはないでしょうか。世の男性が「甘え上手な女」に惹かれる理由を知っておくと、上手な振る舞い方が見えてくるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「控えめキャラより『甘え上手』を目指したほうがモテる理由」をご紹介します。

【1】ベタベタしながら頼ってあげると男は喜ぶものだから
「ウザいとは思うけど、悪い気はしない」(20代男性)というように、女性に甘えられると、単純に男性なら誰でも喜ぶからです。最初は相手が嫌がっていたとしても、とことん甘えればどこかでガードが崩れるかもしれません。

【2】「自分だけには弱い部分を見せてくれている」と優越感を味わわせることができるから
「みんなに甘えてたら嫌ですけど、自分だけならいい」(20代男性)というように、自分だけに違う顔を見せてくれていると感じると、男性は優越感を抱くからです。なるべく八方美人っぽさを出さないように、「あなただけ」の雰囲気を演出できるといいでしょう。

【3】控えめだと「俺に興味ないのかも」と誤解されてしまうから
「そっけない女の子には、こっちから積極的にいけないですよ」(20代男性)というように、少しくらいなれなれしい態度を見せないと、男性は自分に興味がないと判断してしまうからです。甘えるのが下手なのであれば、せめて別の方法で相手に興味があることを示したほうがよいでしょう。

【4】甘える女の子は誰でもかわいく見えるから
「甘えてくるときの女子ってやっぱりたまらない」(10代男性)というように、甘えてくる女性の姿は、誰であってもかわいく見えるからです。「甘えている自分がキモい!」と思ったとしても、技として覚えておいて損はないので、女友達相手にシミュレーションするなどしてマスターしたいものです。

【5】「こいつには俺がいないとダメだ」と男性の庇護欲を刺激できるから
「甘えられたら、そりゃあ守ってあげたくなるでしょう」(20代男性)というように、甘えられた男性は「俺が守らなきゃ」と発奮するからです。そのためには、わざとドジなところを見せるなど、少しは危うさを演出したほうがよいでしょう。

【6】控えめだとお高く止まっているように見えるから
「自分一人でも生きていけそうな、自己完結してる女子だと手が出せない」(20代男性)というように、自立しすぎている女性に比べて、甘え上手なタイプは安心してアタックできるからです。お酒が入ると少し甘えキャラになるなど、条件付きで変身してみてもよいかもしれません。

【7】甘え上手な女の子のほうが男性がつけこむ「隙」があるから
「やっぱりモテる人ってうまく隙を用意してくれてると思う」(20代男性)というように、甘え上手な女の子にありがちな「隙」が男性には歓迎されるからです。相手が自分のことをどう思っているか試すためにも、わざとちょっかいを出しやすいようなシチュエーションを作ってみてもよいのではないでしょうか。

【8】甘えてコミュニケーションを生み出すことで、次への進展が見込めるようになるから
「無茶振りされることでやりとりが増える」(20代男性)というように、ワガママに付き合わせることがきっかけでコミュニケーションが増えるからです。話の流れで「今度映画に連れてってねー」などと約束を取り付けてしまうと、今後の進展が望めるかもしれません。

【9】「俺のこと好きなのかな?」と男性の恋愛意欲を刺激できるから
「嫌な人には甘えないと思うから」(20代男性)というように、甘えることで男性の恋心を刺激できるからです。異性に必要とされることで初めて恋心を抱くタイプもいるので、ひとまずは甘えてみるのもよいのではないでしょうか。

甘えることのリスクがあるとすれば、「この人はこうして世渡りしてきたのかも」という評価だけです。それも「あなただけ」を強調できれば問題ありません。健闘を祈ります。(熊山 准)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/19 12:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます