カレー炒飯系ビリヤニ!? 西葛西『ムンバイキッチン』で絶品ビリヤニを食べてきた

 カレーは美味しい。チャーハンも美味しい。だからカレーとチャーハンが合体したら絶対に美味しい! という前提のもと、都内でカレーチャーハンが食べられる店を探し歩く日々。そんな中、カレーチャーハン好きならいい店があるよ~。と教わったのが、西葛西にある『ムンバイキッチン』。日本のリトルインド、西葛西にあるインド・ネパール料理のお店です。

 しかもオススメがカレーチャーハンではなくて「ビリヤニ」。いや、そもそも「ビリヤニ」ってインド風炊き込みごはん、みたいなものですよね? スパイシーな炊き込みごはんですよね? と突っ込んだものの、行けばわかるよ~、ってことではぐらかされたまま、とりあえず店に向かいます。

 場所は西葛西駅から徒歩3分ぐらい。席に着き、早速メニューを見ると「ビリヤニ」を発見。チキン、マトン、野菜の3種類があるようです。説明にも「スパイシーなインド風炊き込みご飯」と書かれていて、カレーチャーハン的要素は一切感じません。とにかく、情報提供者を信じて「チキンビリヤニ」を注文します。

見た目は普通の「チキンビリヤニ」。しかし中を掘削してみたら!

 待つこと数分、目の前にやってきたのはいい香りの「チキンビリヤニ」。ライスはバスマティライス、香辛料の複雑な香りが一気に漂ってきて美味しそう~。そして驚きは生タマネギのくし切りが添えられています。かじりながら食べるってこと?

「ビリヤニには、ガラムマサラ、ウォールマサラ、コリアンダーなどのスパイスに、フライドオニオン、唐辛子などが入っています。辛さも好きな段階で選べますよ」とシェフのビシュノさん。小鉢のヨーグルトはデザートではなく野菜入りの「ライタ」。ヨーグルトたっぷりサラダ、といった感じです。

 一応計測してみると、幅26cm、奥行き19cmのオーバル皿に重さ576g(器の重さは除く)。1.5人前サイズ? おそらく複数で来て、カレーとシシカバブとかサモサとかいろんなものを食べつつビリヤニもシェア、みたいなサイズ感。

 早速食べるぞ! とスプーンを深く入れたところで発覚。ん? ビリヤニの下が褐色。もしかして?「ビリヤニの下にチキンカレーがあるんですよ」とシェフ。おお~! そういうことだったのか! カレーチャーハン好きにオススメのビリヤニってこういうことだったとは。

 パラッパラのスパイシーなビリヤニに、しっとりチキンカレーの二段構造。しかしぱっと見にはわからない。サプライズ感のある「ビリヤニ」です。

 そしてこの「ビリヤニ」。「炊飯してから1日混ぜて、炒め直してからカレーに載せています」とシェフ。だからパラッパラなんですね。炒めているからチャーハン要素もある。まさに「ビリヤニ」のカレーチャーハン。下に敷かれたカレーはチキンがゴロゴロ。旨みたっぷりです。

 そもそも、なんで「ビリヤニ」の下にカレーを隠したの? と聞くと笑顔で「Looking good!」。見た目かぁ~。でもビリヤニ、カレー、ビリヤニ&カレーで味わえるのでちょっぴり得したような気分にも。シェフの遊び心を感じます。

「ビリヤニ」もカレーも結構スパイシー。なので、途中で生タマネギをかじると、なぜか甘く感じる。生タマネギを添えるって、スパイシー系料理といいのかも。なんか意外な発見です。

平日ランチはセットメニュー、週末バイキングでもビリヤニが味わえる

 ちなみに、平日ランチタイムにはサラダ、ソフトドリンク付きの「チキンビリヤニセット」(1050円)があるほか、土日11:00~15:00のランチバイキング(大人1090円、子供600円)でもビリヤニを出しているそうです。

 ということで、カレーチャーハン好きにオススメのビリヤニの正体は、カレーが隠れていたビリヤニ、ということでした。ビリヤニもカレーも結構スパイシー、なので生タマネギやヨーグルトサラダでリセットしながら味わうのがいいバランスです。次回は週末のランチバイキングで、他の料理も楽しみたいと思います!

(取材・文◎いしざわりかこ)

●SHOP INFO

店名:ムンバイキッチン

住:東京都江戸川区西葛西6-12-9 エッグス23ビル 1F
TEL:03-3878-4088
営:11:00~15:00(L.O.)、17:00~23:00(L.O.22:00)※緊急事態宣言中は~20:00(L.O.19:30)
休:なし

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/19 10:49
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます