坂口杏里、加藤紗里…ネットニュースから消えた炎上タレントは今!?

拡大画像を見る

 自身の発言をSNSで発信することが当たり前になった今、非常識な行動などでネットを炎上させることにより、有名になったタレントが数多く存在する。

 その代表格とも言えるのは、お笑い芸人・狩野英孝とシンガーソングライターの川本真琴との間で三角関係となり、その事実を自らネット上に発信したことで炎上し、一躍時の人となったモデルでタレントの加藤紗里だ。

「狩野英孝と破局後も、電撃結婚するもすぐに離婚、その上『元旦那に1億円使わせた』だの、『お金がなくなったから別れた』などの炎上発言を繰り返し、たびたびネットニュースとなっていました。母親となった今も、派手なタトゥーやネイルを見せつけ、ネット上には批判の声もありますが、ネット民からも飽きられたのか、最近では炎上すらしていない状態ですね」(芸能ライター)

 そんな加藤に借金の申し込みをしたとして、そのやりとりのLINEをテレビで公開されバッシングを受けたのは、女優の故・坂口良子さんの娘で元タレントの坂口杏里だ。

「坂口と言えば、2世タレントから突然艶系女優に転身したことでも話題になりましたよね。艶系女優引退後も、飲食店従業員男性とのトラブルで逮捕されたり、バーのオーナーらに監禁されたとネット上に吐露するなどし、炎上し続けてましたが、現在はインスタグラムの更新も1カ月ほど止まっており、その名前をネットニュースで見ることもなくなりましたね」(前出・芸能ライター)

 炎上することで注目を集めていたタレントの、次なる作戦は…?

(佐藤ちひろ)

関連リンク

  • 9/19 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます