冷凍食品「なべやき屋キンレイ」の「お水がいらない」シリーズがどれも美味しい! オススメランキングベスト5を発表

拡大画像を見る

カップ麺やスナック菓子、ファストフードなどのアレンジレシピを研究する“B級フード研究家”としても活動している、ノジーマこと野島慎一郎です。

スーパーやコンビニの冷凍食品売場にはさまざまな商品が並んでいますが、最近は特に冷凍麺のクオリティがグググッと上がっているように感じます。うどん、焼きそば、パスタ、ラーメン、つけ麺、まぜそばと種類も多く、人気店とタイアップした商品も豊富。何を食べてもちゃんと美味しいですし、本当に便利な世の中になったものです。

「なべやき屋キンレイ」の商品をたくさんいただいてしまった

そんな冷凍食品シーンにおいて鍋焼きうどんなどの冷凍麺を中心に展開している「なべやき屋キンレイ」というブランドがあるのですが、ある日その広報さんから突然こんな内容のDMをいただきました。

「各種商品を詰め合わせたサンプル品を送ってもいいでしょうか?」

えっ……これは新手の詐欺か何かでしょうか??

理由を聞かせていただくと、なにやら僕が以前に書いた「セカンド冷凍庫」の記事をお読みいただいたそうで、家にそんなに冷凍スペースがあるならぜひキンレイの商品も試してほしいということでご提案してくださったのだとか。こんな嬉しい話があるかい!

そうなれば答えはもちろんYES! 我が家の冷凍庫をガッツリとキンレイさんの商品で埋めさせていただきました。ありがとうございます!!

届いたのは主力商品の鍋焼きうどんだけでなく、ラーメンや皿うどん、つけ麺などなどバラエティ豊かなラインナップ。これは食べるのが楽しみだ!

お水がいらないシリーズ、よくできてる!

「なべやき屋キンレイ」の「お水がいらないシリーズ」はこちらの写真のようにスープと麺と具が一体化して凍っているタイプがほとんど。これをこのまま鍋に入れて加熱するとまずスープが溶け始め、煮立ったスープで麺と具を溶かすシステムになっているので調理もとても簡単でした。

麺と具が溶ける頃には、スープの温度も麺や具の固さもちょうどよく仕上がるという計算され尽くした設計はすごいですね!

そんな「お水がいらないシリーズ」の商品をいろいろと試食させていただきましたが、どの商品も本当に完成度が高く、最近の冷凍食品って本当にすごいなと改めて思った次第。

せっかくなので今回食べた商品のなかから個人的にオススメしたい5品をランキング形式でご紹介させていただきます。

第5位 お水がいらない 横浜家系ラーメン

順番に並べていったら5位になってしまってびっくり。5位には横浜家系ラーメンを選びました。もっちりツルツルとしていてのどごしが抜群な中太麺と、鶏油のきいたクリーミーなスープは相性抜群。「家系ラーメンを食べたい欲」を家でも十分満たせるクオリティに仕上がっていました。

柔らかくて肉厚なチャーシューが2枚入っているのも嬉しい。ご飯とセットで食べたくなる一杯ですね。これで5位ですよ、5位!

第4位 お水がいらない カドヤ食堂中華そば

4位は関西の人気店「カドヤ食堂」が監修した中華そば。しなやかなストレート細麺に、香り高くキレのある醤油スープが麺にしっかり絡みつき、これがもうシンプルに美味しい! きっといい素材を使ってるんだろうなあ、としみじみするスープですね。

食べていてホッと心がやすらぐ、お酒を飲んだあとにシメのラーメンとして食べたくなるような味わいでした。

第3位 お水がいらない 四海樓監修 皿うどん

長崎皿うどん発祥の店「四海樓(しかいろう)」が監修した冷凍皿うどんを3位に選びました。こちらは鍋を使わず、電子レンジで温めて混ぜれば食べられるという便利な商品となっています。

味の方は例えるなら魚介味の焼きそば。キャベツ、かまぼこ、きくらげ、イカなどたっぷりの具材ともっちりとした食感の太麺に旨味が凝縮されたタレがどっぷりと絡む濃厚な味わいが最高! ジャンク寄りな味わいなのに大量の野菜で罪悪感を相殺しているのもいいですね。

第2位 お水がいらない チゲうどん

2位にはチゲうどんを選びましたが、これは本当に美味しかった……! 唐辛子がきいている辛口のスープにつくね、もやし、にら、キャベツ、たまねぎ、きくらげという6種の具材が入って食べごたえ抜群。

そしてじっくり煮込んでいるのに麺はまったくのびることなく、ツルツルでモチモチ。スープも具材もしっかり麺に絡み、食べていて幸せな気持ちになれる一杯でした。味はなかなか濃い目なので、卵を落としてマイルドにさせても絶対ウマいし、最後に豆腐を入れてスンドゥブ風にするのもアリ!

第1位 お水がいらない 鍋焼うどん

ここまで紹介してきた全商品、いずれも本当に美味しかったのですが、1位はやっぱり主力商品の鍋焼うどんですね。その完成度の高さも、満足度も、感じられるこだわりも段違いに思えました。

入っている具材はなんと8種。えび、つくね、しいたけ、ほうれん草、白菜、油揚げ、かまぼこ、麩が麺の上でカチカチに凍っているのですが、いずれもサイズがでっかい!

そしてスープもたくさんの素材を使って丁寧に出汁を取っていることが伝わってくる優しい味わい。そんなスープで煮込まれたうどんの麺を食べたらもう、美味しいに決まってるでしょ! 

これは風邪のときなんかに食べたら体がポカポカと温まり、フワ〜ッと癒やされるだろうなあ。家の冷凍庫に常備しておきたい、貫禄の一杯でした!

「お水がいらない」シリーズはスーパーでの取り扱いが多い

今回紹介した5品はもちろんですが、それ以外も美味しいものばかりでした。「なべやき屋キンレイ」の「お水がいらない」シリーズをほかにもいろいろ食べてみたくなりましたし、今後も冷凍庫のスペースが許す限りストックしておきたくなりましたね。

コンビニよりもスーパーでの取り扱いが多いようですので、ぜひ最寄りのスーパーの冷凍食品売場で探してみてください!

(執筆者: ノジーマ)

関連リンク

  • 9/19 9:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます