谷まりあ、日テレ『イッテQ』「セクシーガーター和装」で熱烈貢献も…ボス・出川哲朗の「恩知らず」裏切り発言!

拡大画像を見る

 9月12日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、日本古来の伝統的な奇術である「和妻」に出川哲朗(57)と“出川ガール”の谷まりあ(26)が挑戦。そこで谷が見せた衣装のあまりのセクシーさが、反響を呼んでいる。

「和妻は、和服を着て行うマジックショーのようなものです。出川さんはふつうの黒い着物を着ていたんですが、谷が着ていたのはピンク色で太ももが露出している丈の短い着物、しかもセクシーなレザーのガーターベルトを着用していた、非常に攻めた衣装でした。去年のハロウィンで、谷がアリアナ・グランデに扮したときも、絶大な評価を得ていましたが、こうした太ももがチラチラするような衣装と谷の相性はとにかくバツグンですね」(専門誌記者)

 谷によると「こういうのやるようになったら、大輔さん(宮川大輔)も、中岡さん(ロッチの中岡創一)もすごい話しかけてくれるようになった」「(中岡が)まりあちゃんかわいいね、みたいな」そうで、「うわー。恐ろしいほど気持ち悪いエピソードだね」と出川がオチをつけて、スタジオは大爆笑だった。

 ネットでは、

《出川ガールズ谷まりあが1番タイプだわ…》《イッテQの谷まりあちゃん、今回の衣装バチくそ可愛いな》《谷まりあちゃんの着物×レザーガーターベルトめちゃくちゃ刺さった》

 と大盛況だった。

「『イッテQ』はコロナ禍で、番組のウリであるはずの海外ロケが一切不可能となっていて、谷も“セクシー担当”として気合が入っているんでしょう。ただ、一緒に番組を支えているはずの出川さんについては、思わぬところで裏切り疑惑が出ているんですよね……」(前同)

■出川は『イッテQ』より大河に出たい!?

 出川は9月14日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に、有吉弘行(47)、陣内智則(47)、アンタッチャブルの山崎弘也(45)、ネプチューンの堀内健(51)とともにゲスト出演。堀内の「大河ドラマの主役のオファーがあった場合、受け入れるか」という質問に、質問主の堀内を除くと、ゲストで唯一「○」の札を挙げたのだ。

「“ウソだー!”“本当!?”と出川さんは驚いていましたが、NHK大河ドラマは、日曜日の午後8時、つまり『イッテQ』の放送時刻の裏で丸かぶりしているんです。

 ちなみに、『イッテQ』常連の女優である木村佳乃(45)は、今年大河ドラマ『青天を衝け』に出演するにあたり、2月14日放送回でスタッフが木村さんの大河内定に仰天したり、森三中の大島美幸(42)やイモトアヤコ(35)が激怒して木村さんを呼び出す、といった小芝居から始まる送り出し企画を放送していました」(女性誌記者)

『ロンハー』でも山崎に「そもそも『イッテQ』の裏なのにいいんですか?」と指摘されてしまい、出川は「100%『イッテQ』を選びますよ!」と主張し、堀内も細かい大人の事情は抜きにした場合とフォローしたが、ロンドンハーツ1号2号の田村淳(47)の「完全に(かぶり)忘れてたでしょ?」という質問に、

「何が嫌だってスケジュールとられちゃってバラエティに出れなくなるのはそりゃイヤだけど、目の前で“来年やれます”って言われたら、絶対やるでしょ!?」

 としていた。

「坂本龍馬や武田信玄のような、“夢破れて途中で死ぬ”役がやりたいらしく、勝海舟はやりたくないそうです(笑)。出川さんのことだから、深く考えないで素直に“もしも”のノリで○としたんでしょうが、『イッテQ』がピンチのタイミングでこの発言は、ちょっとやっちゃったな、と感じた人も多いのではないでしょうか(笑)」(前同)

 大河ドラマ出演はたしかにロマンだが、出川が国民的な人気を獲得したのは『イッテQ』のおかげ。くれぐれも大切にしてほしい。

関連リンク

  • 9/19 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます