リヴァプールMFチアゴが負傷交代…クロップ監督「深刻でないことを願う」

拡大画像を見る

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、同クラブのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの負傷状況について言及した。クラブ公式サイトが18日に伝えている。

 リヴァプールは18日にプレミアリーグ第5節でクリスタル・パレスと対戦。43分にFWサディオ・マネのゴールでリヴァプールが先制すると、その後FWモハメド・サラーとMFナビ・ケイタが得点を決め、3-0で勝利を収めて公式戦3連勝を飾った。

 この試合にチアゴは先発出場すると、59分にふくらはぎを痛めてピッチに倒れこむ。62分にチアゴはナビ・ケイタとの交代を余儀なくされた。クロップ監督は試合後、同選手の負傷状況について触れ、「今日の試合で唯一心配なのはチアゴが負傷したことだ。彼はふくらはぎを痛めたが、それほど深刻でないことを願っているよ」と話した。

 リヴァプールは次節、25日にブレントフォードとアウェイで対戦する。

関連リンク

  • 9/19 7:45
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます