木村拓哉「Jの掟」ガン無視!cocomi、koki,の「娘トーク」解禁に妻・工藤静香まで「匂わせた」!

拡大画像を見る

 9月15日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、木村拓哉(48)が色気を感じる女性の仕草について明かした。木村が番組に出演するのは、TOKIOが「株式会社TOKIO」になってから初めてとあり、城島茂(50)は「やっと会えた」と感慨深げ、国分太一(47)、松岡昌宏(44)も大喜びだった。また、木村と映画『マスカレード・ナイト』で共演している中村アン(33)も番組アシスタントの「エンジェルちゃん」として参加。木村が19歳で始めた初の1人暮らしエピソードや、これまで番組に出演したV6の岡田准一(40)、KAT-TUNの亀梨和也(35)が明かした木村とのやり取りの裏取りが行われた。

 また今回の放送では、他にも木村が珍しく家族のエピソードを明かしている。松岡に「イヤイヤ期どうしてた」と聞かれた木村は、「あんまなかったような気がする」と愛娘であるモデル、フルート奏者のCocomi(20)とモデルのKoki,(18)の幼少時代について語り、国分に「髪の毛乾かしてあげたことってあります?」と聞かれると、「ありますよ」「あのときが一番かわいくない?」「いとおしくないですか? あの瞬間が」と父親としての顔も見せた。

 番組後半には、男性が勘違いしそうな女子の行動を“好きアピール”なのか、そうではないのかを検証する「完全に好きアピ警察24時」という企画も行い、木村、城島、松岡の3人の回答を中村が判定した。

 トップバッターの松岡が「笑顔で大キライと言ってくる」を選ぶと、木村は「これ大丈夫か?」と否定的だったが、松岡は「先輩、大丈夫です。言わなくても良いことですから、大キライなんて。言葉にしながら、しかも笑顔ですから」と自信満々。中村もこれは“好きアピール”と判定したため、木村は「一番ヤバイの俺かもしれない」と不安げ。

 そして木村は「髪をかきあげる回数が明らかに多い」を選択。木村は「明らかに」を強調しつつ、「本当に髪がかかっててかき上げる場合と、女性を出すときの2パターンあると思う」と推理し、後者の場合は「かきあげてるのに残す、みたいな」と、わざと少し髪の毛を残すようなかき上げ方で色気を出していると力説。

■木村は髪をかきあげる女性に弱い?

 今ではショートヘアだが、かつてはロングヘアーの“かきあげ女子”だった中村は、「これは撮影とかでもこうやって、めっちゃやってたんですよ。木村さん今おっしゃったような」「ちょっと残すっていう。まあちょっとメスを出してるっていう感じになりますもんね」と、自身も撮影で使っていたテクニックだとうなずいたが、“好きアピール”ではないとバッサリ。

 中村は、髪をかき上げるのは「好きっていうよりも習慣に近いので、世の中の男の人は騙されちゃダメだと思う」と断言。松岡が「世の中の男性じゃなくて、木村先輩が騙されていたの」とツッコむと、木村はカメラ目線で「いや、みんな思ってるよな? な?」とボヤき、スタジオの笑いを誘った。

 この木村が色気のあるとした“髪をかきあげる”仕草といえば、木村の妻である工藤静香(51)もよくしている行動。アイドル時代から現在も、工藤といえばロングヘアーがトレードマークで、髪をかきあげる姿に夢中になった男性ファンも多かった。

 今回の木村の“好きアピール”主張を聞いた視聴者も工藤を思い浮かべたようで、ネットには「髪をかきあげる、工藤静香しか知らないんですけど」「髪をかきあげる仕草が明らかに多い女性って、キムタクの嫁じゃん」「なんか奥様がチラついてモヤモヤする」「嫁や家族の話はしてほしくなかった」という声も上がった。

 結婚から20年、木村と工藤は一緒に犬の散歩をしたり、アイスを食べたりする仲むつまじい姿を週刊誌にキャッチされている。また、木村も工藤も料理など家庭を匂わせるSNS投稿も多く、夫婦仲、家族仲の良さをうかがわせている。妻、娘たちも含め、木村家推しのファンも多いが、SMAP時代からの木村ファンの中には私生活を出しすぎることにモヤモヤしている人たちも多いようだ。

関連リンク

  • 9/19 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます