【大晦日2大番組の大激震】『NHK紅白』新しい地図出演と「嵐ペナルティ」でジャニーズ激減!?ダウンタウン『笑ってはいけない』BPO審議でケツ叩き&蝶野正洋「消滅問題」!

拡大画像を見る

「9月も末を迎えると年末年始の特番の話がチラホラ聞こえるようになりますが、今年の大みそかの“2大番組”は大荒れになると言われていますよ」

 そう話すのは芸能プロ関係者。

 大みそかの“2大番組”とは『NHK紅白歌合戦』と日本テレビの『絶対に笑ってはいけない』シリーズのことだ。

「まず今年は『紅白』が大きく変わることになりそうです。元SMAPで現在は新しい地図として活動する稲垣吾郎(47)、草なぎ剛(47)、香取慎吾(44)が出演する可能性が高そうなんです」(前同)

 2021年9月9日、SMAPはデビュー30周年を迎えた。グループは2016年末に解散してしまったため、幻の30周年となったものの、多くのSMAPファンがアニバーサリーイヤーを祝福した。

 SMAPが最後に『紅白』に出場したのは2015年。新しい地図の出場が実現すれば、実に6年ぶりの『紅白』の舞台ということになる。

「新しい地図は『国際パラリンピック委員会アンバサダー』を務めました。3人はそれぞれ表彰式で選手にメダルを授与するプレゼンターも担当。NHKとしては2021年を象徴するイベントとなったオリンピックやパラリンピックに関わったタレントを『紅白』で使いたいという意向がある。

 嵐の櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)はNHKでオリパラのスペシャルナビゲーターを務めましたが、嵐は活動休止中。一方で新しい地図は知名度も抜群ですし、楽曲も出していますから、『紅白』に出場することに違和感はありません。稲垣、草なぎ、香取の3人はそれぞれ映画やドラマなどでも活躍しましたからね」(同)

■“嵐裏切り”で今年の『紅白』はジャニーズから新しい地図へ!?

 特に、草なぎは俳優としての活躍が目立ち、主演映画『ミッドナイトスワン』は3月19日に行なわれた「第44回日本アカデミー賞」授賞式で最優秀作品賞に輝き、自身も最優秀主演男優賞を受賞。

 また、NHK大河ドラマ『青天を衝け』では徳川慶喜役を好演。SMAP解散前から『ブラタモリ』ではナレーションを務めており、NHKとの関係性も深い。

 稲垣も『不可避研究中』(NHK総合)や『クラシック音楽館』(Eテレ)など、NHKの番組に出演中だ。

「そして、9月13日午前8時25分には、事前告知ゼロで突如として新しい地図の3人が出演する『ワルイコあつまれ』(Eテレ)がスタートしたことも大きい。同日午後7時25分から再放送が、第2回は同月20日の午後7時25分から放送予定で、新しい地図とNHKの関係は密であることがうかがえます。

 一方で、“反・新しい地図”とも言えるジャニーズ事務所は昨年の『紅白』でNHKを裏切った“前科”があり、今年の“ジャニーズ枠”がどうなるのか、関係者の間では注目が集まっています」(前出の芸能プロ関係者)

『紅白』でも高視聴率をたたき出す嵐は、2020年末をもって活動休止に入った。

「実は、昨年の『紅白』での嵐の扱いを巡って、裏切りがあったと言われています。嵐の活動休止前のラストイヤーということもあり、嵐のメンバー全員で『紅白』の司会を務め、大トリを飾るともささやかれました。だからこそ、NHKサイドは例年は4~5枠だった“ジャニーズ枠”を、過去最大の7枠に拡大したと言われています」

 2020年の『紅白』には、嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey!Say!JUMP、King&Prince、SixTONES、SnowManと、7組ものグループが出場(SnowManはメンバーのコロナ感染で出演見合わせ)。実に白組出場歌手の3分の1がジャニーズのグループという、前代未聞の『紅白』となった。

「ところが、ふたを開けてみれば嵐のメンバーは司会を担当するわけでもなく、大トリでもなく、さらに中継での出演になり、“ジャニーズに騙された”と憤るNHK関係者もいたといいます。そうしたことへの“ペナルティ”で、今年はジャニーズ枠が大幅に減ることも考えられる。だからこそ、新しい地図を出しやすいとも言われていますね」(前同)

■ダウンタウン『笑ってはいけない』はBPO案件でピリピリ……

 もう1つの大みそか恒例特番『笑ってはいけない』シリーズは、番組存続の危機にあるとも言われている。

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会が8月25日、「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティ」について審議対象とすると公表した。

 青少年委員会は番組を特定せず、9月から実質的な審議を行ない、委員会としての考えをまとめる予定だという。

「番組を特定していないとはいえ、真っ先に想起する番組は『笑ってはいけない』ですよね」(民放キー局ディレクター)

 同番組は、ダウンタウンの松本人志(58)と浜田雅功(58)、ココリコの田中直樹(50)と遠藤章造(50)、月亭方正(53)の『ガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)レギュラー陣が24時間「笑ってはいけない」というルールを課され、思わず笑ってしまうたびに罰ゲームとして「ケツバット」を食らってきた。

 また、プロレスラーの蝶野正洋(58)から方正がビンタを食らう、という流れが毎年恒例になっている。

 9月5日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でも、BPOが「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティ」を審議対象とするという話題を取り上げた。

 これに松本は「ルールがあって、そのルールのギリギリを攻めて面白くしたい」と語った一方、「前にOKだったことが、今度それもダメってなると……どこまで行くのかな」と首をかしげつつコメントした。

「『笑ってはいけない』は昨年15年目を迎え、マンネリ化も叫ばれていました。また、昨年は“多目的トイレ不倫”のアンジャッシュ・渡部建(48)の出演情報が放送前に漏洩。大騒動に発展し、渡部は慌てて会見を開くも火消しに大失敗して、渡部の出演部分はお蔵入りとなりました。さらにここにきてBPOの一件もあり、出演者も制作陣も相当ピリピリしているのではないでしょうか。

 例年11月中旬か下旬に撮影が行なわれますが、今年は果たしてどうなるのか。ただ、大荒れになる可能性も高そうです」(前同)

 2021年の大みそか――『紅白』と『笑ってはいけない』という2大恒例番組はどのような展開を迎えるのか!?

関連リンク

  • 9/19 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます