狩野舞子「バランスが悪い」MLB大谷翔平との結婚はない? ガチ恋愛占いが示した2つの根拠

拡大画像を見る

 バレーボール元日本代表の狩野舞子(33)が9月15日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演。人気占い師・星ひとみ氏によって、意外な恋愛観を明らかにされた。

 まず、星氏が、狩野の星回りは“下弦の月”で「サバサバ、毒舌な星、ストレート、男気」だと鑑定すると、狩野は「全部合ってます」とうなずいた。しかし、相手が男性だと違うようで、星氏は「全然なんでもしてくれる。なんなら髪も乾かしてくれるし、マッサージもしてくれる」と指摘した。

 これに狩野は「はい、彼氏ができると尽くしますね」と照れ笑い。そして、「遠距離恋愛のときに当時の彼が体調を崩して。行けないので、段ボールに一式詰めて、アイスノンとか食べ物とかポカリとか、現金まで入れて、“これでなんとかしな”みたいな」と、過去の尽くし経験を振り返った。

 また、結婚について、星氏は「将来的に“玉の輿運”。お金の運じゃなくて」としたうえで、「この先“結婚の星”出てるから、本当は来年結婚です。カワイイ感じのタイプだな。柔らかい感じを持った人を最終的には選べる。だけど、手相がそれを示していなくて。19年の12月、ここからスタートした人とか、来年の決断・結婚につながる」と具体的に占った。

 すると、狩野は「なんかその時期じゃない気がする」と、星が指摘した相手は意中ではないとポツリ。これに星氏は「ズレてるか……。自分の運気だけではないから、って形になってくるとバランスが悪くて、過ぎちゃいそう。つまり“別れ”になっちゃう。結局、タイミング逃して、おひとり様」と、相手の運気もあり、結婚につながらない可能性も示した。

■狩野舞子は結婚願望がない?

 これを受け、狩野が「“スゴい結婚したい”っていうのが前からあまりなくて、1人が楽だったり、1人の時間が好きだったりするんですけど」と打ち明けると、星氏は「“こうしてあげよう”じゃなくて、自分の幸せのために生きてください。ちょっとバカっぽくいたほうがいい」とアドバイス。狩野は「そうなんだ……」と考え込んでいた。

 占いの様子をスタジオを見ていた、女優の水野美紀(47)は「え~別れちゃうの? 玉の輿の星なのに?」と、“19年12月にスタートした”相手と結婚しないことを惜しんだ。すると、みちょぱ(22)が「いきますね」と、意味ありげにツッコんだ。

 水野とみちょぱのやりとりは、狩野がメジャーリーガーの大谷翔平選手(27)と、過去に何度も熱愛の噂が立っていたためと思われる。狩野は2年前(19年)の自身の30歳の誕生日(7月15日)、カリフォルニアへ大谷選手の試合を観戦しに行っており、星氏の占いと合致すれば、その後に交際スタートしたことになる。

 しかし、交際が結婚につながる可能性があると言われても、狩野は結婚に消極的な発言。さらに尽くすタイプながら、それが遠距離ではできないジレンマもあり、2人の仲は進展していないのかもしれない。大谷と結婚すれば“玉の輿”には間違いないが、はたして狩野は、どんな生き方を選ぶのだろうか。

■共演の木村沙織と笑顔を見せる狩野舞子

 放送では、終始、明るい表情で占いを聞いていた狩野舞子は、やはりサバサバした性格のようだ。恋愛もダメと感じれば、見切りは早いのだろうか。

※画像は狩野舞子の公式インスタグラムアカウント「@kanochan715」より

関連リンク

  • 9/19 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます