不倫相手と別れた夫…サレタ側“麻衣子”の密かな決意とは

拡大画像を見る

門脇麦主演、森山直太朗共演のドラマ『うきわ―友達以上、不倫未満―』(テレビ東京系、毎週月曜23:06〜)の第7話が9月20日に放送される。

本作は、野村宗弘による漫画「うきわ」を原作としたドラマ。自称“可もなく不可もない”主人公・中山麻衣子(門脇)と、麻衣子の隣室に住み、麻衣子の夫・たっくん(大東駿介)の上司でもある“二葉さん”こと二葉一(森山)が、社宅のベランダを挟んで織りなす“友達以上、不倫未満”のラブストーリー。

第6話で、夫の不倫相手・福田歩(蓮佛美沙子)と女子トイレで出くわした麻衣子は、思わぬ行動に。SNS上では、麻衣子の姿に「かっこいい!」「痺れる」「実は一番怖いタイプかも……」といったコメントが見られた。

<第7話あらすじ>
「僕にとっても中山さんが“うきわでした”」二葉さん(森山)からの言葉に、自分も誰かの救いになれていたんだと、喜びを感じる麻衣子(門脇)。

しかし、二葉さんの妻・聖さん(西田尚美)は不倫相手の田宮くん(田中樹)と別れ、麻衣子の夫・たっくん(大東)も福田さん(蓮佛)と別れ……。

「お互い元通り」だと言う二葉さんに、麻衣子は新たな決意をしていた。そんな中二葉さんから衝撃の事実を打ち明けられ……!

関連リンク

  • 9/19 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます