立ち会い出産で分娩室に家庭用ゲーム機を持ち込んだ男性、SNSで物議を醸す(米)

拡大画像を見る

アメリカ在住のスコットさん(Scott)と婚約者のヘイディーさん(Haydee)は、「Anxiety couple」というアカウント名でTikTokに動画を投稿している。ヘイディーさんはスコットさんとの間にもうけた息子を昨年9月に出産したが、当時のTikTokには出産に臨むヘイディーさんと分娩室に立ち会うスコットさんの様子を捉えた動画を公開していた。

しかし動画に映るスコットさんは献身的にヘイディーさんを支えるのではなく、分娩室のテレビ画面に向かって家庭用ゲーム機で遊ぶ様子が捉えられていた。この動画は昨年9月に投稿されたものだが、710万回以上の再生回数を記録したことで今月に入って英メディア『The Mirror』『The Sun』などが伝えて再び話題になった。

投稿には「彼はXboxのせいで息子が生まれる瞬間を逃しちゃうかも」と綴られており、動画でヘイディーさんは「今日、私は陣痛が来るかもしれないのに、ボーイフレンドはこんな状態なの」と少し困惑気味の表情で語っている。

その後、ヘイディーさんが「ねえ、なんでXbox持ってきたのよ」と問いかけると、スコットさんは「1ゲームだけだって! 約束するよ」と返している。そんな2人の動画を見た人たちから「医者が部屋に入ってきたら恥ずかしくてしょうがない」「これは失礼すぎるでしょ」とスコットさんに対して非難の声があがったものの、意外にも彼を擁護するコメントも次のように寄せられていた。

「正直言うと私はあんまり気にしないわ。陣痛が始まったら夫にマリオカートで遊べるように、Nintendo Switchを持ってくるように言ったくらいよ。」
「もし、私だったら彼と一緒にゲームで遊んでいたかもしれない。」
「笑える! 私たちも2人目が生まれる時にはXboxを持って行ったわ。」

コメント欄にはスコットさんと同じように、出産の立会い時にゲーム機を分娩室に持ち込んだという人が少なからずいることがうかがえた。しかしながらスコットさんへの非難の声を心配したのか、のちにヘイディーさんは「これは冗談よ。私のパパに頼んで持ってきてもらったの。彼は私のそばにずっといてくれたからこれはいいの」と明かした。

動画からは薄情に見えたスコットさんだが、他の投稿では愛犬を相手にオムツを替える練習をしたり、継息子となるヘイディーさんの息子ジェイデン君(Jayden)と一緒にゲームをするなど“良きパパぶり”を見せている。

画像は『Anxiety couple 2020年9月21日付TikTok「He’s going to miss his sons birth due to that Xbox」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 9/19 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます