J・フェリックス退場のアトレティコ、好調ビルバオから得点奪えず痛み分け

拡大画像を見る

 ラ・リーガ第5節が18日に行われ、アトレティコ・マドリードとアスレティック・ビルバオが対戦した。

 試合開始1分にアトレティコ・マドリードが先制のチャンスをつくる。相手DFの裏に抜けてスルーパスを受け取ったマルコス・ジョレンテは、右サイドからグラウンダーで折り返す。ゴール前まで上がってきたアントワーヌ・グリーズマンが左足で合わせるが、惜しくも枠の右に飛んだ。

 前半を共にスコアレスで終えて後半に入る。アトレティコ・マドリードは47分、レナン・ロディが自陣からの浮き球のパスを左サイドでもらうと、クロスを供給。アンヘル・コレアが頭で合わせるが、枠を捉えられない。

 49分、アスレティック・ビルバオが敵陣でパスをカットすると、イニャキ・ウィリアムスがドリブルで縦に突破。イニャキ・ウィリアムスはエリア内までボールを運び、GKとの1対1の場面を迎えるが、シュートは右にそれる。

 78分、ジョアン・フェリックスの肘が相手選手の顔に当たり、イエローカードが提示される。するとその後審判に抗議したことで、ジョアン・フェリックスに再びイエローカードが提示され、退場となった。

 90+1分にアスレティック・ビルバオに絶好のチャンスが訪れるが、得点を決めきれない。その後スコアは動かず試合終了し、アトレティコ・マドリードとアスレティック・ビルバオの一戦は0-0のスコアレスドローに。アトレティコ・マドリードはリーグ戦3勝2分け、連勝が止まったアスレティック・ビルバオは2勝3分けとなった。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 0-0 アスレティック・ビルバオ

関連リンク

  • 9/19 4:46
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます