「これはキツいわ…!」男性が一瞬で冷める【LINEの内容】4つ

思わず二度見してしまう、女性から届いた1通のLINE。
どのような内容が、彼らを唖然とさせてしまったのでしょうか。

意外とやってしまいがちなLINEは、こちらの4パターンです!

(1)長文LINE


伝えたいことをまとめるのは、意外と難しいですよね。
気になる相手へ送るLINEであれば、距離を縮めたいという気持ちが大きくなって、つい長文になってしまいがち……。

しかし、長文LINEは「読むのが面倒くさい」「返事に困る」という理由から、あまりウケがよくありません。
なかには、「既読スルーする」という厳しい意見もあがっていました。

テンポよくLINEを楽しむためにも、送る文章はなるべく簡潔にまとめましょう。

(2)自慢LINE


男性は、謙虚な女性を好む傾向があります。
そのため、承認欲求が強い自慢LINEは、基本的に好かれません。

聞き手を飽きさせるほか、「付き合ったら大変そう」というイメージが頭をよぎってしまうのだとか……。
自分に自信を持つことは非常に大切ですが、長所はひけらかすとかえってマイナスポイントになるので要注意です。

(3)ネガティブLINE


誰しも、ときにはメンタルが弱くなるもの。
そんなときは誰かに寄り添ってもらうと、心が軽くなりますよね。

しかし、ネガティブな空気は伝染しやすく、相手をうんざりさせてしまいがちです。
ダークな話が重なれば重なるほど、恋の熱が冷める危険性も。

男性は元気をわけてもらえるポジティブな女性に惹かれやすいので、LINEでも明るさは忘れないようにしましょう!

(4)自分大好きLINE


自分中心に会話を進めたり、自撮り写真を送ったりと、アピール感の強いLINE。
ナルシストを連想させる自分大好きLINEに、男性陣は戸惑いを隠せないようです。

「返す言葉が見つからない」「反応しづらい」という意見が多く、思わず深いため息がもれてしまうもよう。
疑問文を増やしたり、友人との自然体な写真を使ったりして、自己主張にブレーキをかけましょう。


LINEは、手軽にコミュニケーションが取れる魅力的なツールです。
しかし、使い方を誤れば、せっかく深まった絆にヒビが入る恐れも。

マイナス要素をしっかり把握して、運命の赤い糸をたぐりよせましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/18 22:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます