ラシットから「日本のものづくり」にフォーカスした新コレクションが登場


パルが展開するレディースバッグブランド「russet(ラシット)」から、「日本のものづくり」の魅力と新しい価値を伝えていくことを目的とした新たなコレクションがリリースされた。

日本のものづくり×russet

同ブランドは、機能と軽さにこだわったものづくりと、モノグラムが人気のバッグブランド。「価値あるものは、時を越える。」をコンセプトに、いつまでも愛される究極の定番となりうる商品を提案し続けている。

現在ほとんどのアイテムの生産を国内で行っている同ブランドは、日本の伝統的な製法、職人によるこだわりの詰まった繊細な技術、味わい深い仕上がりと確かなクオリティに、改めて注目。

このたび、“「日本のものづくり」にラシットらしいアイディアをかけ合わせて生み出した、新しい価値を伝えていきたい”という想いから「尾州織ストール」と「刺し子ジャガードバッグ」を販売する。

世界に認められる高品質の“尾州の毛織物”


心地よく滑らかな質感のストールをつくるため、同ブランドがフィーチャーしたのが世界三大毛織物産地として知られる「尾州」。古くから織物技術を発展させ、世界に認められる高い品質が魅力だ。

尾州ならではの技術とその意匠を活かして、日々の装いに馴染む上質ストールが生まれた。


全ての工程を尾州地域で行い、厳しい条件をクリアし「尾州マーク(承認番号1042・1043号取得)」を付けることを認証されたこだわりのアイテムだ。


ラインナップは、「<尾州産>バイカラーストール」と、


「<尾州産>モノグラムストール」の2種類。

刺繍を縫い込む伝統手芸の“刺し子”


また同ブランドは、日本に古くからある伝統手芸の「刺し子」にも注目。もともと布地の強度を上げるための刺繍を縫い込む技術で、刺し子ならではの特有の凹凸感をベースにしたラシットオリジナルジャガードが完成した。

同色で織り込まれたその柄は、光が当たることで美しく浮かび上がり、唯一無二の繊細な表情を見せてくれる。


さらにバッグとして気兼ねなく楽しめるよう、生地の表面には水濡れや汚れに強い強撥水加工を施した。


「2wayトートバッグLサイズ」と、


「2wayトートバッグMサイズ」のほか、


「2wayトートバッグSサイズ」を展開する。

「日本のものづくり」の魅力が詰まった「russet」新コレクションのアイテムを、ファッションに取り入れてみては。

画像をもっと見る

  • 9/17 17:39
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます