Sexy Zoneの新曲をトラックメイカーが分析 課題はK-POPとの差別化とジャニーズの“翻訳化”

拡大画像を見る

 Sexy Zoneの新曲が注目を集めている。2月17日に公開された「RIGHT NEXT TO YOU」のPVがすでに100万回再生を突破、YouTubeの急上昇チャートにも登場し、ツイッターでは「#セクゾのライネク半端ねぇ」というハッシュタグが盛り上がっている。

 活動10周年のメモリアル・アルバムとなる次作『SZ10TH』収録予定の新曲として公開された「RIGHT NEXT TO YOU」は、全編英語詞のボーカルにクラブ風のサウンドと、非常にスタイリッシュにまとめ上げられている印象だ。

 とりわけ、歌謡曲的な「ABサビ」構造ではなく、ループで進み一度だけブレイク(ベースのルートも変わる)を挟んで展開する、近年のUSヒットチャートでも増えつつある大胆な構成を、J-POPで聴けるのは痛快だ。「RIGHT NEXT TO YOU」を歌番組で披露する際には、是非ともこのブレイクが省略されずに放送される事を、筆者個人としては願いたい。

平井堅、m-flo、f(x)、TWICE…2step~UK Garageのヒット曲

「RIGHT NEXT TO YOU」のバックトラックは2stepもしくはUK Garageと呼ばれるダンス・ミュージックのスタイルを踏襲している。90年代末~2000年代初頭にかけてイギリスのクラブで誕生・流行した2step~UK Garageは、シャッフルしたドラムやうねるようなシンセサイザーのベースが特徴で、MJ Cole、Artful Dodger、Todd Edwardsと言ったプロデューサーが代表的なクリエイターだ。

 また、他のジャンルも取り込める強い雑食性を持ち、アンダーグラウンドなダンス・ミュージックながらR&Bなど歌のあるポップスとも親和性が高く、2000年前後には英米問わず2stepを取り入れたヒット曲が多く登場した。(一方、よりアンダーグラウンドな方向に進化したDubstep、Grimeと言った派生ジャンルもある)

 本邦でも2001年には、m-flo「come again」平井堅「KISS OF LIFE」など、2stepを取り入れたJ-POPがヒットしている。

 2step~UK Garageは一過性の流行に終わらず、定番のスタイルとして確立・浸透した。とりわけ近年はイギリスのシンガーJorja Smithの「On My Mind」や、日本でも人気のカナダのアーティストThe Weekndの「Wasted Time」など、若手ミュージシャンが2stepを取り入れた楽曲をリリースする例も増えつつある。

 本邦ではプロデューサーのtofubeatsが本場イギリスのアーティストDJ QとGaidaaとコラボレートした「All In」や、仮面ライダーの主題歌として人気の三浦大知「EXCITE」のプロデュースを手がけたCarpenterによるセルフ・リメイク曲「EXCITE(Carpenter Remix)」など、メジャーなポップス~クラブ・ミュージックの現場の両方を行き来するようなチャレンジングな作品がリリースされている。

 K-POPではどうだろう。f(x)の「4 Walls」はイギリスの人気プロデューサーチームLDN Noiseが曲を手がけており、所属事務所のSMエンターテインメントらしい高級感溢れるPVとともに話題を呼んだ。トレンドの移り変わりの激しいK-POPの中にあって2015年のリリースながら、今でも色褪せない魅力を放っている。

 TWICE「Feel Special」SHINee「Prism」などと併せて、K-POPの中の2step~UK Garageサウンドとして紹介したい。(サイゾーウーマンの過去記事でも、より詳しくK-POPと2stepの関係を解説している)

 2stepはイギリスで生まれ、日本はもちろん世界各国に影響を与え、メジャーなポップスからアンダーグラウンドなクラブ・シーンの橋渡し的存在でもあるジャンル……と言えるだろう。そして、Sexy Zoneがこのジャンルを取り入れた楽曲を今、このタイミングでリリースしたことについても考えてみたい。

 ティーン向けの王道ジャニーズグループとして2011年にデビューしたSexy Zone。当時は平均年齢14.4歳と幼かったメンバーも、今や全員20代になりキャリア10年選手のパフォーマーへと成長した。そしてこの数年では更なる進化・変化を目指しつつあるようだ。 

 2020年にリリースされたSexy Zoneの7thアルバム『POP×STEP!?』はLUCKY TAPESのKai Takahashi、tofubeats、三毛猫ホームレス、chelmicoと言ったインターネット世代の音楽プロデューサー&アーティストを多く起用。ディープトーンのスーツに身を包んだメンバーの姿を捉えたアートワークも、彼らの新しいステップを予感させるヴィジュアルだった。

 更に『POP×STEP!?』リリース後に、デビューから在籍したポニーキャニオンから、ジャニーズ事務所とユニバーサルが提携する新事務所へと移籍。海外展開も視野に入れた活動を目指すことが発表されていた。

 そして先日公開された「RIGHT NEXT TO YOU」……英語詞はもちろん、2step~UK Garageという、ポップスとも親和性の高いダンス・ミュージックかつ、世界的にリバイバルの気運高まりつつあるこのジャンルを選んだ点は、まさしく世界に打って出ていく彼らの姿勢が見えてくる選択、ディレクションと言えるのではないだろうか。

 海外展開を目指すアジア発のボーイズ・グループと言えば、BTSを始めとするK-POPの国際的な快進撃は今や誰もが知る所だが、ともなれば気になるのが日本国内のボーイズ・グループの動向。LDHが手がけるBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEなど、海外展開を目指すグループの動きは国内でも増えつつある傾向だが(ちなみに「RIGHT NEXT TO YOU」を作曲したSteven Lee氏は2000年代半ばからジャニーズ・グループの作曲を手がけているベテラン作曲家だが、並行してSHINeeやOH MY GIRLなどのK-POP、LDHにも楽曲提供している)Sexy Zoneもまた、このムーブメントの中に本腰を入れて参入していくのだろうか? そしてそれは成功を収めるのだろうか?

 国内のティーン向けから、世界市場を見据えたアプローチへの転換期であろう彼らにとって、ポップスと相性が良く、リバイバルしつつある2stepというジャンルは、元来の“ジャニーズらしさ”と“海外戦略”の折衷案になり得るのかもしれない。

 ここから更なる進出を目指すとすれば、より洗練された形と、比較対象になるであろうBTSらK-POPとの差別化──それは結果としてジャニーズらしさ、日本らしさ(なるものが存在するとすれば、であるが)をいかに翻訳化するか、という作業になるのかも知れないが──が求められるだろう。10周年を迎え、更なる「次」を目指す彼らの今後に注目したい所だ。

  • 2/26 12:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます