ワンアンドオンリー産駒がJRA初勝利、アトラクティーボが10馬身差レコードV

拡大画像を見る

 18日の中山2R・2歳未勝利(ダ1800m・10頭立て)でアトラクティーボ(牡2、美浦・武藤善則厩舎)が1着となり、新種牡馬ワンアンドオンリーの産駒がJRA初勝利を果たした。

 勝ちタイム1分52秒2(不良)は、2005年12月18日のフラムドパシオンの2歳コースレコードを0秒5更新。2着馬に10馬身差の圧勝だった。

 アトラクティーボは母シャンパンルージュ、母の父ファスリエフという血統。馬主及び生産者は父と同じノースヒルズ。通算成績は3戦1勝。

 ワンアンドオンリーは父ハーツクライ、母ヴァーチュ、母の父タイキシャトルという血統。通算成績は33戦4勝。うち2014年の日本ダービー(GI)など、重賞3勝をあげた。

 2018年から北海道新ひだか町のアロースタッドで種牡馬入り。現2歳の初年度産駒は14頭に留まるが、その中から今後のダート界を担う新星候補の誕生となった。

関連リンク

  • 9/18 18:35
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます